スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜18:00

  1. メルマガオミセラブバックナンバー
 

メルマガオミセラブバックナンバー

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録リウム穗口が300店の実店舗のファンづくりをお手伝いしてきた
「現場の気づき」をメールでお届けいたします!
お客様を大事にしてファンにしたいお店のオーナーさんなら読んで損なし!

 


さて、何屋さんかわからないお店って、怖い。
パッと見て、何屋さんかわからない。
そんなお店に入ることが出来る人って、よっぽど好奇心旺盛な人だと思うのです。
ほとんどの人は、怖い。

だから、店構えで、わかりやすく自分のお店を伝えることは
お客様に対する思いやりなのです。

店構えは、ホームページで言えばTOPページ。
つまり、TOPページがごちゃっとしている、TOPページそっけない
ということは、訪れた方への思いやりが足りないのと同じ。


あなたのホームページのTOPページには、思いやりがあるでしょうか?


7月号の月刊オミセラブでは、「ガラリと印象がかわる! TOPページの整理整頓ポイント」というタイトルで、TOPページを見やすくするポイントを特集しています。
TOPページに思いやりがないな〜と感じたら、ぜひぜひダウンロードしてご一読下さいね。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
月刊オミセラブ!ダウンロードはこちら
2017年7月号 ガラリと印象がかわる! TOPページの整理整頓ポイント
2017年7月号 ガラリと印象がかわる! TOPページの整理整頓ポイント
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


■予約管理をはじめ、ホームページ活用のためのレッスン毎月たくさん開催しています!
セミナー・イベント

■ひとりで悩まないで!リウムがいます。マンツーマンサポートはこちら!
パーソナルサポートご予約


無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

お客様にアンケート取る時って、どんな目的で取ります?
一番多いのは「お客様に声をいただいて改善に活かす」という目的だと思います。

でもね、お客様にアンケートをお願いしても、

 ほ と ん ど 本 音 は 書 い く れ へ ん よ !

そらそうよ!
辛辣なこと書いたら気ぃ悪いやん。

だから、もしアンケートで改善点を指摘してくれたお客様がいらしたら、そのお客様は大事にしなければ。
言いにくいことをおっしゃってくれているんですからね。



では、アンケートの第一の目的はというと・・・

 お 客 様 の 満 足 を 明 確 な 記 憶 に す る 事

ではないかと思うのです。

あなたのサービスを受けてお客様は、ココロの中で
「よかったなあ・・・」
とぼんやりと思っている。

その時に、アンケートで
「とても満足」にマルをつけていただくのです。
もしくは、「○○○が△△△で大満足です!」と書いていただくのです。

そうすることで、曖昧な感情が、明確な記憶になる。
というのを狙う。これがアンケートの効果です。

どうです。アンケート、なかなかあなどれないでしょう?

ということで、6月の月刊オミセラブ!では、「あなどれない!アンケートの効果」という特集で、お客様アンケートについて解説しております。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
月刊オミセラブ!ダウンロードはこちら

2017年6月号 あなどれない!アンケートの効果
2017年6月号 あなどれない!アンケートの効果
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼



無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

まいどお世話になっております。
リウムの穗口です。

ちょっと前まで寒かったのに、今や日中は汗ばむくらいの大阪です。
昨年秋から取り掛かっていた大仕事も大詰め。
また、新たな事業展開も考えていて、わくわくの毎日を過ごしております。

さてさて。

僕は、サロンやお店のオーナーさんに、

 自 分 で 決 め て 、 動 か な い と ダ メ で す よ !

とよく申します。

だって、あなたのお店ですもの。
どんなにエライ人に言われても、あなたが納得いってなかったらやったらあかん。
どんなに納得したことでも、実際に動かないと何も起きない。

そして、その結果、
失敗して損するのもあなた。
上手く行って得するのもあなた、なんです。

でも・・・

 「助 け て!」 っ て 言 う の も ダ メ 、
 っ て こ と じ ゃ な い 。


■そればっかりやっている人に頼ってもいいやん

例えば集客だと・・・
・ホームページの内容がまとまらない・・・
・デザインがどうもシュッとしない・・・
・やりたいことのどこから手を付けたら・・・
・Webマーケティングの全体像が見えない・・・
・新規事業を誰かに相談したい・・・

みたいなことがあります。
世の中には、こういうことばっかり毎日しているプロがいます。
そういうプロは、
 たくさんの経験=失敗と成功
 理屈=一般化されたセオリー
を持っています。
(似非のプロは経験しかないから、新たな事象に対応できない、ってことだね)


そんなプロに頼ってもいいと思うんです。

周りを見回しても、自分でなんでもできちゃう系の人って、わりかしこじんまりしていると思いません?
楽しそうに成功しているのって、甘え上手で周りを巻き込んじゃう人が多い印象ありませんか?

もちろん、なんでもかんでも丸投げではダメですが、自分で判断するためにプロに甘えられるってのは、経営者に必要な一つの才能かもしれません。
自分が甘えられないタイプの方は、甘えるという選択肢も視野に入れてみてもよいのかな、と思います!

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録



前のメルマガで「メルマガ読者の減らし方」という反面教師的な内容をお送りしたら

真面目なオーナーさん数人から
「えっ?メルマガ読者を減らしたい人がいるの??」
というご質問を受けてしまいました。

僕の筆力の足りなさのせいで勘違いをさせてしまいすみませんでした。

子どもが5歳くらいの時に、「パパの仕事は仮面ライダーやねんで」
と言ったら保育園中の子どもが信じてしまった時くらいに罪悪感を感じた次第です。


 メ ル マ ガ 読 者 を 

 減 ら し た い 人 な ん て 

 い ま せ ん か ら !!


メルマガ読者は増やすべきです。
いつ、なんどき、だれでもメルマガ読者は増やすべきです。アントニオ猪木も言っています。(ウソ)


じゃ、増やし方は?
とおっしゃる方のために、3月の月刊オミセラブでは「メルマガ読者の集め方」という特集で疑問にお答えしております。

メルマガを始めようと思っている方、始めているけどイマイチ読者が集まらない方は参考にしてみて下さい!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
月刊オミセラブ 3月号 ダウンロードはこちら
2017年3月号 メルマガ読者の集め方
2017年3月号 メルマガ読者の集め方
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


いつもお世話になっております!
リウムの穗口です。

さて、

メルマガ読者が多すぎて困っている!
メルマガ読者が多くてイヤでしょうがない!

というお店があるかもしれません。
そんな方に朗報です。

これをやればメルマガ読者が減らせる!
という、とっておきの方法を3つお伝えいたします!!


■1.徹底的に宣伝メールのみを送る
徹底的にあなたが伝えたいことだけを書いて送る。
読者にとって役に立つ内容は送らない!
そうすれば読者は去って行ってくれます。

■2.思いついた時に不定期に送る
メールを沢山送る!という方法よりも効果的なのが、不定期に送ること。
毎日嫌がらせのように送ってメルマガ読者を減らそうしたけど、逆に喜ばれた!
みたいな事例もありますからね。
送ったり送らなかったりして読者を減らそう!

■3.送らない
一番いいのは、送らないこと。
読者はメールが来ると思ってメルマガに登録します。
その期待を裏切ってぜんぜんメルマガを送らないでいると、(確かめようがないけど)メルマガ読者は自然に減っていくはずです。

とっても簡単でしょ?
メルマガ読者を減らしたいひとはぜひぜひチャレンジしてみてください。




無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録
<<  <  1  2  3  >  >>