スマホとPC両対応のホームページ作成、予約管理、メルマガ配信、顧客管理
サロン・お店に必要なものがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜18:00

  1. メルマガオミセラブバックナンバー
 

メルマガオミセラブバックナンバー

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録リウム穗口が300店の実店舗のファンづくりをお手伝いしてきた
「現場の気づき」をメールでお届けいたします!
お客様を大事にしてファンにしたいお店のオーナーさんなら読んで損なし!

 


お店を営業していると日々いろいろな行動をするものです。
リアルの現場では行動がなかなかデータとして残らないものですが、
インターネットの世界はその点便利!

ホームページ更新やメルマガなどのファンづくりの活動は日々様々なデータを
自動的に蓄積していってくれているんです!
このデータって、実は「宝の山」だったりするんです!

だから使わない手はない!

と、いうことで
10月号の月刊オミセラブでは、
「身近に埋もれる宝の山!日々のデータを活用しよう」という特集記事で
ホームページ運用やメルマガ配信で蓄積されるデータのご紹介と
その活用方法についてご説明しております!

ぜひぜひ、参考にしてみてくださいねー!
★★★★★ 月刊オミセラブ 2012年10月号のダウンロード ★★★★★★

2012年 10月号・特集 身近に埋もれる宝の山!日々のデータを活用しよう

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

↓↓↓お店のデータで一番大切な日々のお金データの管理を勉強しましょう!↓↓↓
-----------------------------------------------------
■【10月18日】リウム勉強会@田中明子税理士事務所様 「お店の経理基本編」
-----------------------------------------------------

「我流の帳簿、この方法でいいの?」
「カンタンな領収書の整理の仕方を知りたい!」
「税務調査がきても大丈夫かな?」
「確定申告で慌てたくない!」
「ホンマに儲かっているかどうか、知りたい!」
こんな素朴なギモンが解決できるセミナーです!
今回は弊社事務所ではなく、弊社事務所の近くの田中明子税理士事務所様にて
勉強会を行います!

【講座の内容】
ホンマの利益がわかる 経理のキモ
忙しい方のためのカンタン整理術!
1日10分 省エネ帳簿術!
現金管理から領収書のもらい方!
どなたにもわかりやすくお話しします。
今すぐ使える 会計日記帳を差し上げます!


■日時 10月18日 木曜日 14時〜16時
■定員 5名様 
■場所 田中明子税理士事務所様
■受講料 1,000円(リウムクライアント様500円) 


リウムクライアント様以外のお店の方もお気軽にご参加下さいね。
▼お申込み・詳細はこちら
http://cocoro-design.com/seminar/seminar05.html

 

 

こんな感じのメルマガを定期的に配信しております!

お店の経営者さんはぜひぜひご登録ください!

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

 

 

 


9月も半ばですねえ。
まだまだ暑いのですが、お店としては10月になると完全に年末を見据えていかねばなりません。
よって、9月後半は日常業務等の基礎を見直す今年最後の機会なのであります。

そこで!僕がおすすめしたいのは日常業務的なお客様フォローの見直し。
なかでも「バースデーメール」について
見なおしてみる良い機会ではないか!と思われるのです。

ということで、今回はバースデーメールについておさらいしてみましょう。

■どのタイミングでバースデーメールをお送りする?
まず考えなくてはいけないのが、バースデーメールを配信するタイミングについて。
大きく分けて、「バースデー月に配信するパターン」と「バースデーその日に配信するパターン」の2つがあると思います。

●バースデー月の頭にメール配信する
例えば10月が誕生日のお客様全員に、10月1日にメール配信する設定です。
この設定の何が良いのかというと、バースデー特典の管理が楽ちんなこと。
バースデー特典を「当月有効」としておくと、上の例であれば10月中はバースデークーポンが使える!
という単純な確認が可能です。

しかし、デメリットもあります。
当月誕生日のお客様の入会のタイミングが月初を過ぎてしまうと、
そのお客様へのバースデーメール配信が1年後になってしまうのです!
(10月10日お誕生日のお客様が10月3日に入会する 10月1日に10月バースデーメールは配信されるので、このお客様へのバースデーメールは翌年の10月1日になる)

●バースデーその日にメール配信する
これはそのまんまのパターン。
お誕生日のお祝いですから、お誕生日月の1日ではなく、
当日にお祝いされたほうがうれしいですよね。

ただ、バースデー特典の管理がなかなか大変。

[配信された日付]から30日間

等の注意書きを行い特典の有効期限を設定できますが
パッと見た目で有効期限がわかりにくいんですね。

■一律文面の難しさ
また、サロンなどのお客様との接遇の密着度が高い業種の場合、
一律のバースデーメールがちょっとばかしヨソヨソしく感じられることがあります。

お店にお越しになったらめちゃめちゃフレンドリーに接客できているのに
一律の自動配信メールだとどうしても一般的な文面になります。このギャップが・・・

という場合、リウムスマイル!にはアラート機能という便利機能がございます。

例えば、アラート設定で「本日がお誕生日のお客様」という条件をセットしておくと
指定した時間に「本日がお誕生日のお客様」の一覧を知らせてくれます。
んで、そのお客様に「下書き」から個別の内容に加筆したバースデーメールを送る
という事ができます。

ちょっとばかり手間ですが、
この方法であればモレなく、個別のお客様にバースデーメールを配信することができます。


という感じで、お店の業種や管理体制、接遇の密度によって
バースデーメールを見なおしてみてくださいね!


 

こんな感じのお店で使えるちょいネタ、メルマガでお送りしております!

まだ登録されていないお店のオーナーさんはぜひぜひご登録!

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

 

 


すこしづつ、すこしづつ秋ですねえ。
先日「高野山」に登って来ました。
高野山といえば普通はケーブルカーで登るものなのですが
なぜか古代からの参道である町石道25kmの山道を。

辛い山道を辿り聖地に至れば煩悩も昇華できるかと思っておりましたが
最後の急坂を登りながら心の中は「ビール!ビール!」の大合唱でした。
全然悟れそうもないリウム穂口でございます。
(高野山では「生ビール大」をのみました。大師様すみません・・・)

人間いきなりはストイックになれないものでございます。
ストイックといえば、ホームページの更新やメルマガ配信。
なかなか継続できないお店が多いようです。

しかし。重要なんです。だってホームページ更新すればするほど、
メルマガ継続すればするほど結果がでるんだもん。
だから、やってください。と。

そんなワケで、
できるだけ効率的にホームページ更新やメルマガ配信する方法などを本メルマガでもご紹介しましたね。

ホームページを毎日更新するコツとは【メルマガオミセラブ】
ホームページを毎日更新するコツとは【メルマガオミセラブ】

毎日更新できるネタはないか?【メルマガオミセラブ】
毎日更新できるネタはないか?【メルマガオミセラブ】

こんなに僕が頑張って「更新!更新!」と申し上げているのに
未だ、
「いやー忙しくて」とか「ネタがないんですよ・・・」
なんて僕の顔を見るなり言い訳を始めるクライアントさんが後をたたない。

わかりました!
今回はセコ技をお伝えしましょう。

ホームページのコラム更新にも
ブログの記事にも
メルマガにも使える
セコい!更新テクニックです。


そもそもなんで記事を書くのが難しいのかお店をやっているあなた。
あなたは、その道のプロでございます。
ですから、ホームページやブログやメルマガにはプロとしてのキラリと光る、
お客様の役に立つ内容を書いていただきたいのです。

と、ハードルを上げるとネタに困るのですね。

なにもないところからお客様が潜在的に悩んでいるニーズを見つけ、
その解決策を具体的に説明し、最後にちょっとしたアドバイスなんかも付け加える・・・

これができたら一番いいのですが
この書き方って一番むずかしいですよ。

んで、書くテーマに困ってしまい
なかなか記事が書けなくなる。


ネタは人に頼る。セコい更新術なので、記事の「出発点」を他人にお任せしてしまうと
随分と楽になるんですね。

わかりやすく言うと、
誰かがなんか言ったことに
専門家として意見する・批評する・解説する。
これだけで結構読み応えのある記事がかけることがあります。

例えば・・・
・最近流行のダイエット手法についてのニュースを引用し、その解説や批判を行う
・お客様が興味を持ちそうなテーマの本を紹介し、その感想を述べる
・食材仕入先やメーカーさん、パートナー企業にインタビューする
みたいな。

僕のブログを購読いただいている方は
たまーにこの手法で記事をかいて辛いネタ出しを乗り切っているのをご存知なハズ。
ええ。楽ですもん。

えっ?
その他人のネタはどうやって捕まえるのかって?
僕の方法はこんな感じ。

参考:更新ネタをgoogle先生に自動で集めてもらう方法(オミセラブリウム)
http://ameblo.jp/at-rium/entry-11347131801.html

ホームページ更新やメルマガの継続に悩むお店の方は
是非このセコ技、応用してみてくださいねー!

 

こんな感じの記事が月に3回くらい届く!

お店の経営者さん必読のメルマガです!

登録は無料!無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

 



最近メルマガが流行っておりますなー
WEB界の有名人なんかはこぞって有料メルマガの発刊をおこなっています。

ソーシャルメディアの発達で情報がどんどんオープンになると
逆にクローズでダイレクトに届く情報の価値が高まるんですねえ。
(クリス・アンダーソンの『フリー』にも書いてありましたなあ・・・)

僕としてはスマホの流行もあるんちゃうかなと思ってます。
PCのメルマガなんて、よほどのPCワーカーの人しか読まない・・・
というのが定説だったのですが
今ではスマホでいつでもどこでも、わりかし長文のメールが読めますもんねえ。

有料=お金を出してでも読みたいメディアにもなり得るメルマガ、
お店でも存在価値を見なおしてみる時機かもしれません。

と、いうことで
9月号の月刊オミセラブでは、
「今さら聞けない!メルマガ配信キホンのキ」という特集記事で
・メルマガの内容のキホン
・メルマガの表現のキホン
・メルマガの条件のキホン
をまとめております!

既にメルマガを配信しているお店も、
これからメルマガ配信を始めてみようかと考えているお店も
ぜひぜひ、参考にしてみてくださいねー!

★★★★★ 月刊オミセラブ 2012年 9月号のダウンロード ★★★★★★

2012年 9月号・特集 今さら聞けない!メール配信キホンのキ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 

情報満載!お店に役立つ無料メルマガ

メルマガオミセラプの登録はこちらっ!

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

 


盆!盆!お盆休み!
がほぼ終わりましたねー

これからは秋!消費もいろいろ動いてくる季節!
僕のところにも秋から冬にかけてのキャンペーン企画のご相談が来るようなってきました。

んで、よくご質問いただくのが
・クーポン的にメール配信したいのだが、割引の塩梅がわからない
・秋に〇〇キャンペーンやるんだけど、普通何割引くらいするんかな?
・インパクト勝負でいきたいねんけど、50%ってやりすぎかな?
みたいな、割引率に関する内容。

これって悩みますよねー
お店としてはできれば損失を小さくしたいけど
お客様はインパクトがないと反応していただけないし・・・

■まずは原価を把握してください!
この割引率のお話に正解はありません。
しかし、僕は割引については次の3つのタイプに分けられるのではないかと考えております。

1.プレゼント (つまり100%割引)
2.儲けなし割引
3.儲けを残しての割引

って感じ。
この3つの割引のタイプを、
行いたいメール配信やキャンペーンに当てはめてみると
わりかし簡単にどんな割引にすれば良いのかがわかります。

なので!
まずはプレゼント対象となる商品の原価を把握するのが第一歩。
特定の商品であれば、その商品の原価を、
全体の割引なのであれば、お店全体の原価率を、
キャンペーンの前に把握しておいて欲しいのです。

では、3つのタイプをそれぞれみていきましょう。

■プレゼントタイプ
●概要
これは、特定の商品をプレゼントしちゃう!という企画。
つまり、お店にとっては原価分が損失になります。

●効果
無料プレゼントですから、インパクトは大!
必然的に反響も大きくなると思います。

●注意する点
商品をプレゼントしちゃう(=損失を出す)ので、損失をいつか取り戻さなければなりません。
・プレゼント目当てでご来店いただいて、その日の総合的な売上で利益が出るのか。
・プレゼント目当てでご来店いただいて、常連さんになって長期的に利益を回収していくのか。
この辺をよーく考えないといけません。


■儲けなし割引
●概要
売値ー原価 と等しい割引をするパターン。
実質的には損失を出しているので、こればっかやると儲けがない!
なにやってんだか状態になります。

●効果
実質「原価で売る」のですから、インパクトは結構あると思います。
ですから、キャンペーンやメール配信の反応も結構あるのでは。

●注意する点
儲けがないので、単品勝負のお店(うどん屋さんとかラーメン屋さん)でやると赤字になります。
まあ、上のプレゼントタイプと同じで長期的に考えての利益回収をきちんと計画しておくか、
仕入れロスを廃棄しないための作戦とするお店が多いです。
例えば雨の日のランチをメール会員様だけに割引して提供し、
お店への親近感を高めつつ、仕入れロスを出さないように最低限の回収を行う・・・
という企画はこれにあたります。


■儲けを残しての割引
●概要
売上ー原価 のうちの何割かを割引して
儲けが残るように考えた割引プランです。
これは、数量が出れば出るほど儲けが増えるので安全でございます。

●効果
儲けを残すわけですから、割引のインパクトは低くなります。
ですから、よほどタイムリーな提案にするど工夫しないといけません。

●注意する点
飲食店におけるランチメニュー(他の商品と一緒に販売しにくいもの)などを沢山販売したい際に有効です。
(ランチメニューを半額にしちゃうと元がとれないからね・・・)

まあ、実際のお店の現場は複雑なのでこの3つのパターンに当てはまらない場合や
複合的に実施する場合も出てきますが、
「割引率をどうしたらよいのかわからない」場合は
この3つに照らして考えてみるのも良いと思います!

 

お店のファンづくりに使えるネタ、メールでお送りしています!

今すぐ登録ッ!

無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

 

<<  <  20  21  22  >  >>