スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. エステサロンの写真撮影のポイント
 

エステサロンの写真撮影のポイント

2016/01/29 エステサロンの写真撮影のポイント

エステサロンさんがホームページを作る際、まず用意しておいてほしいのは「写真」です。

もちろん素材サイトから買ったイメージ写真ではなく、実際にサロンで撮った写真をご用意ください。

 

特に、最初に目に入り、印象に残りやすい「ヘッドライン画像(ヘッダー画像)」は、サロンの中で撮った写真を使うことをおすすめします。

イメージ写真はとてもきれいですが、イメージ写真=サロンの雰囲気とはなりません。

また、イメージ写真だと、サロンに行った時のことをイメージしづらいことが多いです。


ですが、ホームページ作成を機に、実際にサロンで写真を撮ろうと思っても「どういう写真を撮ればいいのか分からない・・・」という悩みを抱く人はいらっしゃるかと思います。

 

今回はエステサロンさんの場合、どういう写真を撮ればいいのかをご紹介します。


まず準備すること

必要な人数は3人。

  • 施術を行うセラピストさん
  • 施術を受けるモデルさん
  • 写真を撮るカメラマンさん

モデルさんは仲の良いお友達に協力してもらうと良いかと思います。

もちろん、食事を1回ご馳走するなどきちんとお礼をしましょうね!

 

また、プロのカメラマンさんに依頼するのが難しい場合は、こちらも知り合いに頼んでみましょう。

最近のデジカメは高解像度で綺麗に撮れるものが多いので、わざわざ高いカメラを買わずともお手持ちのデジカメで十分です。

写真を撮る時間帯はできるだけ、午前中から昼の自然光が入る時間が良いと言われています。

※室内照明の光を生かしたい場合など、撮りたい雰囲気によって多少変わります。

 

あと、当然のことですが、撮影時はサロン内をきれいに掃除しておいてくださいね!

映ると嫌なものはすべて片付けておきましょう。



エステサロンさんにおすすめの写真

撮っておいてほしいのは

  1. スタッフ写真
  2. 施術写真
  3. 店内写真

の3つです。人・サービス・場所を撮ればいいんです。



1.スタッフ写真

エステサロンは基本的にマンツーマンで施術を行いますよね。

長くても数時間は一緒にいて、しかも実際に肌に触りますから、セラピストさんの親しみやすさや誠実さを伝えられるような写真を撮るようにしましょう。

 

もちろん、緊張した堅苦しい表情よりも、右の写真のようにやさしく笑みを浮かべている表情が一番です。

最初は緊張していると思いますから、カメラマンさんと軽い雑談をしながら撮ってもらうと、ナチュラルな笑顔が撮れやすいです。

また、何も飾ってない壁を背景に撮ると、後々切り抜きなど加工がしやすくなります。

 

表情は後から修正できないので、複数枚撮ってもらうようにしましょう。




2.施術写真


おすすめは、一番人気のあるコースを、カウンセリングから最後の仕上げまで一気に撮ってしまうこと。

一つずつ撮るよりも効率は良く、他のメニューなどにも多様できるようになります。

 

また、撮ってもらう時は、ある程度遠くから全体が映るように撮ってもらいましょう。

ドンピシャで一部分だけ撮るのもアリですが、実際にホームページに写真を入れるときに使いづらくなってしまうこともあります。


  


3.店内写真


カウンセリングルームと施術を行う部屋がバラバラの場合は両方とも写真を撮ってください。

また、上記でご紹介した2つよりも先に撮っておくと、片付けの手間も省けて楽です。

 

部屋の全体写真を撮った後は、サロンの雰囲気が伝わる写真も撮りましょう。

棚の上に飾ってある小物や、お客様が施術後に化粧し直すための鏡台、施術で使う機械類や化粧品なども撮っておきましょう。



エステサロンさんは、出来るだけ何十枚も撮っておくようにしましょう。

後で名刺を作ったり、チラシを作ったりするときに使いまわしができて便利がですよ!

じゃすみん(谷岡)

webデザイナー

 

デザイナーとして日々修行中。今年で大阪に来て4年目になりました。多分。

漫画とゲームが好きです。信心深いわけでもないけど、寺院や神社巡りをよくします。