スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1.  【ナシ!が8割!】交流会名刺にメルマガはアリかの結果です【メルマガオミセラブ】
 

 【ナシ!が8割!】交流会名刺にメルマガはアリかの結果です【メルマガオミセラブ】

いつもお世話になっております!
リウム穗口です。

-----------------------------------------------------
本メールは、ホームページ等からお問い合わせいただいた方
穗口のセミナーにご参加された方にお送りしております。
-----------------------------------------------------


先日本メルマガ読者様に
「交流会名刺にメルマガはアリか?ナシか?」
というアンケートへのご協力をお願いしました。

多数の方にご回答いただきまして
本当に有難うございます。
また、回答だけでなく
「なぜアリ(ナシ)なのか」
「どうするべきなのか」
という問題解決的かつ建設的なご意見もいただき本当に勉強になりましたッ!

ではでは結果発表をいたしましょう!!!


■80%がナシ!
「交流会名刺にメルマガはアリか?ナシか?」
という設問には
80%の回答者様が「ナシ!」とお答えに。

うーん、
やはり交流会での名刺交換にメールを送るのは
原則「ナシ!」という情勢の模様です。

では、もう少し皆様のご意見より建設的に考えてまいりましょう。


■そもそも、交流会での名刺交換とは何か?
ナシ!の方に
「名刺をお渡ししたからといって、全てを許したわけではない」
というニュアンスのものが多く見られました。

確かに名刺はビジネスのコミュニケーションツールですが
相手にお渡ししたからと言って
その情報を相手が自由に使って良いものではないだろう。
使う方にもマナーが必要でしょう。と。

そして、確認なくメルマガを配信するという行為は
ナマーに違反しますよ・・・
という感じですね。

印象深かったご意見に・・・
「名刺に電話番号が記載してあるからといって、夜中に電話をするのはマナー違反である・・・メルマガもしかり」
というのがありました。
心情的にはこういうイメージなんでしょうねえ。


■メルマガとは何か?
ナシ!の方に多かったのは・・・
「メルマガはコミュニケーションツールである。だから一方的に送りつけるのはコミュニケーションが成立していない」
「メルマガはファンづくりのために行うのに相手の心象を悪くしては本末転倒である」
というものでした。

この2つの意見って実はつながっていて

「見込客と継続的にコミュニケーションをとる」(行動)
  ↓
「ニーズが高まった時にお客様になって頂く」(効果)

という図式がメルマガの基本なのに
その出発点である「コミュニケーション」をないがしろにしては
効果である集客に結びつかんよ〜
ということなんですね。

これは本当に的を射たご意見だと思います。


■アリ!の方のご意見は
では、少数派の「アリ!」の方のご意見はどうでしょうか。
アリ!の方は、
「ビジネスなんだから甘えるな派」
「別にそんなに目くじらたてなくても派」
の2派に別れるようです。

ビジネスとして情報をオープンにするのだから
どんなものが送られてきても甘えるな!というなかなか豪の者的意見。
これもわからんでもないなあと。

あとは、ほんわかとした「私は気になりませんよ〜いろいろ送ってきてもらってハッピー」みたいな方もおられました。
これはなんだか好感をもてましたねえ。

まあ、剛柔ともに「気にしないでいいじゃない?」という発想ですね。


■さてさて、どうすれば良いのか?
そして対策です。
これは「アリ!」「ナシ!」両派同じものでした。

「事前に一言、確認を取る!」
これだけです。

・名刺を交換した時に「メルマガお送りしても良いですか?」
・お会いしたお礼メールに、メルマガへの登録をお願いするリンクをつける
・お会いしたお礼メールにて、これからメルマガを送付することを丁寧に伝える

などなど、事前にちょっと確認があれば
ナシ!派の人もほぼOKみたいです。

簡単ですね〜!
交流会が見込客との重要なアプローチになっている方は
このひと手間をやっておきたいところです。


あと、
「内容が面白くないもの、頻度が高すぎるものはダメ!」
というご意見も多く見られましたが
これは・・・交流会名刺うんぬんの話では無い気もしますが
大事やで〜ってことで。




ということで、
「交流会名刺にメルマガはアリか?ナシか?」アンケートのレポートは以上です。


メルマガは見込み客フォローの非常に有効な手段ですが
空気を読まないと逆効果になることも
今回の調査結果をご参考に
お客様・見込みのお客様との関係を良好に築いていってくださいね〜



最後までお読みいただきありがとうございます!


こんな感じのお店に役立つ情報をメールでお届け!
無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録

関連エントリー