スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜18:00

  1. ホームページに、長い文章はアリかナシか。
 

ホームページに、長い文章はアリかナシか。

2017/12/01

サロンのホームページのご相談を受けているときに良く

「長い文章書いたら、お客様、読みにくいですよね?」

と聞かれます。



そりゃあ、意味もなく冗長な文章を載せるのはよくありませんが、長い文章がダメって理由はありません。

むしろそっけないよりも、長いほうがお客様に対して丁寧だと、僕は考えています。

 

読みにくいのは文章の長さが原因じゃないのです。

 

では、何が問題かって?

 

問題は、メリハリの無さ。

なのでございます。

文章にメリハリをつける

こんな感じに文章がダダーッとあるだけだと、これはなかなか読みづらい。




だから、

  • 写真や画像入れる
  • 見出しをつける
  • 箇条書きや特記を使う

 

などして、文章にメリハリをつけるのです。


だいぶ読みやすくなったでしょう?

もちろん大切なのは文章の内容

メリハリを付けることで、同じ文章でも随分と読みやすくなります。

しかし、もともとの文章が回りくどかったり、意味無くダラダラ長い文章だと、どう見た目のメリハリをつけても読みにくくなります。

 

伝えたい人をハッキリ思い描いて、ストレートに伝える

 

という、文章の基本も忘れないでくださいね。



ということで、今回は、文章の見た目のメリハリをつける方法でした。

ホームページの文章の長さに悩んでいたら、ぜひ参考にしてください〜