スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

マーケティング手法・ニュース

1  2  次>  
  • グラフで内訳も簡単にわかる!WEBフォームデータの集計レポート機能 グラフで内訳も簡単にわかる!WEBフォームデータの集計レポート機能

    うちのサロンのお客様って

    • 男の人と女の人はどちらが多いのかな?
    • ご近所の人が多いかな?
    • 年齢はどの辺りの方が多いかな?

    など、普段お客様と接していると何となくわかっておられるとは思いますが、気になったことはありませんか?

     

    リウムスマイル!には、ホームページに設置したご予約フォーム(WEBフォーム)からの情報を蓄積し、自動集計してくれる便利な機能があるんですよ〜!


    もしかしたらほとんどの方はご存じないかもしれないこの「WEBフォームの集計レポート」機能をご紹介します。

    くわしく!
  • サロンの集客5つ道具的なサービス達

    最近、有料や無料で使える、ホームページ作成サービスや予約管理サービスなどの「webサービス」がたくさん出てきてます。

    「サロンの集客」という用途で考えると、どのようなwebサービスがあるのでしょうか。5種類を例にあげてご紹介しましょう。



    サロンオーナーさんも最近、「webサービス」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

    インターネット上でつかえる、ソフト・アプリ、みたいなイメージで、有料や無料のものがたくさん出ています。

    (僕らが提供している、リウムスマイル!もwebサービスの1つですね)

    ただ、たくさんのwebサービスが出ているので、なにがなんだかコンガラガッておられるサロンオーナーさんも多いようです。

     

    今回は、サロンの集客という用途にしぼって、世の中にあるwebサービスの種類を説明してみますね。

    くわしく!
  • こだわりなんか無いほうがいいのよ人間として

    先日僕のファッションについてアメブロに書きました

    いろいろな方が反応をしてくださったのですが、中には批判的なものもありました。

     

    「穗口さん、人に”こだわりが大切”と言ってるのに、自分は全然こだわりないやん!」

     

    いやいやいやいや。

    僕は、「なんでもかんでもこだわれ!」とは言ってませんよー くわしく!
  • 好きなことを仕事にしたほうがええよ。勤めるんでもそうやけど、開業するならなおさらそうよ。

    開業する時、好きなことで開業するべきか、好きなことは仕事にしないべきか。

    これ、起業の永遠のギモンです。

    僕はだんぜん、「好きなことで開業するすべき」派!



    先日、3人の経営者さんと僕で食事をしておりまして、

    「好きなことを仕事にすべきか」「好きなことは仕事にしないほうがよいのか」

    という話になりました。

     

    ある方が講演で「好きなことは絶対に仕事にすべきではない」とおっしゃっていたのが発端です。

    彼の説明を要約すると、


     仕事は難しい。

     仕事を成り立たせようとすると、かなり頑張らないといけない。

     好きなことを仕事にすると、好きなことを無理してするようになる。

     そして、ついには好きなことが嫌いになってしまう・・・

     だから、好きなことは仕事にせず、趣味のままがよい!


    てな感じでした。

     

    なるほど、一理も二理もある説明ですが、

    それでも僕は以下の3つの理由により「好きなことで開業したほうがええよそらそうよ派」なのです。

    くわしく!
  • 自分をごまかすことのつけ-ソクラテスとマーケティング サロンを開業する方のほとんどは、自分が本当にやりたいことをする!ために開業したのだと思います。
    しかし、実際はやりたいことをやってない方が多いのです。 でもこれ、未来の自分に「つけ」をためることになってるのでは、とソクラテスさんがおっしゃっております。 

    まいど!穗口でございます。 
    生きるためにはお金が必要ですよね。 だからお金大切!いえい! 

    生きてないとやりたいことできませんもんね。 
    お金ないとやりたいことできませんもんね。 

    でもさあ、と僕は思うのです。 やりたいことをするのに必要なお金というものが、いつしか生きる意味になってないか。と。 やりたいことをするのに必要なものを、やりたいことを我慢して集めるというゲームにハマってないか、と。 そいつは本末転倒やん。

    くわしく!
  • あの人お金持ってないから←余計なお世話

    お客様をしぼり込むときに「でも、こんな人お金もってないですよね?」という言葉を聞きます。

    余計なお世話だよ!

    小さなサロンがターゲットをしぼる時は、人の財布の心配よりも、自分のサービスの価値をあげることに集中するほうが良いです。

     

     

    まいど!リウムの穗口です。

    僕は相談に来られたサロンのオーナーさんに、

    「お客様をしぼってください」

    とアドバイスすることが多いです。

     

    お客様をしぼることで、3つのメリットが生まれるからなんですね。


    • メリット1 お客様がサロンのことを「自分のためのサロンだ」と認識していただきやすくなる
    • メリット2 おのずと特定のお客様のスペシャリストになる
    • メリット3 ライバルサロンとの違いが明確になる

    お客様をしぼることは、絶対的な正解とは言えませんが、小さなサロンの集客のセオリーなのです。 くわしく!
  • サロンのウリを発信することで「お客様を選ぶ」ということ

    こんにちは。のーちゃんです。


    エステサロンやヒーリングサロン、ネイルサロンなどの小さなサロンが「お客様ラブ!」なマーケティングをしていくことについてご紹介します。

    前回はサロンはお客様にもう一度来ていただくしくみを作ろう!でした。


    今日は、「ウリを発信することでお客様を選ぶということ」をお伝えしたいと思います。


    サロンを開業するときのあるあるなのですが、どんなお客様に来ていただきたいかを考えると、可能性をどんどん広げて考えてしまいがちです。


    例えばエステサロンを開業するとき・・・

    30代ぐらいの少しお金に余裕がある独身の女性かなー。

    でも、若い子も来てほしいから20代も。

    あっ、でも年配の方にもちゃんとお手入れすればシワが薄くなったりすることを知ってもらいたいし・・・。

    男の人でも、顔のお手入れは大事だよね!


    という感じで、どんどん広げてしまいます。


    世の中の全員に、サロンのファンになってもらうのは、実際不可能なんです・・・

    ですから、ファンになっていただきたいお客様をサロン側が選ぶということが大切なのです。

    くわしく!
  • がんばらなければなりません。その1

    どうも。穗口です。
    いやね、最近はびこる「がんばらなくても集客できるんだよ派」に対して、ひとこと申し上げようかと思った次第なのであります。

    ズバリ申し上げますと、集客するためにはがんばらねばなりません。
    ええ。「正しいがんばり」を。
    本日は正しいがんばり、その1「本当の自分を捕まえろ!」についてです。

    くわしく!
  • 「決める」からスペシャリストになれる
    どうも!穗口です!

    最近、サロンオーナーさんのグループコンサルティングをよく行っているのですが、

    「私にはこれといって特徴がないんです…」
    「オンリーワンの”強み”みたいなものがあるといいんですが…」

    ってなっちゃう方が少なくありません。
    いろいろなワークで自分自身を棚卸ししても、なかなか自分だけの「ステキ」が見つけられない。


    これ、逆説的ですが
    自分のステキを自分で決めてないから
    ってことが多いんです。

    くわしく!
  • 愛あふれる部下指導の教養書『ムチャぶりで人を育てる23のコツ』
    こんにちは!
    穂口でございます。

    本日は著者の社会保険労務士、藤咲徳朗先生よりご献本いただきました、『ムチャぶりで人を育てる23のコツ』をご紹介したいと思います!
    (藤咲先生のサイト 愛のムチャぶり研修)

    書籍のタイトルに「ムチャぶり」とあるので、ちょっと変わった人材育成のノウハウ本のように感じる方もおられるでしょう。
    しかし、本書の真実の姿は、すべての部下を持つ人必読の「人材育成の基本教養書」です。

    心理学やマネジメントの理論と逸話を随所に引用した上で、著者の、のべ15万人にものぼる人材育成研修得たであろう現場のノウハウがコツとして惜しむことなく公開されている充実した内容になっています。

    ご紹介したいコツが満載な本なのですが、ここでは人材育成の中で経営者や管理職の感心が高いと思われる3つのテーマである、
    • 褒め方・認め方
    • 叱り方
    • 教え方

    から、僕がこれは!と思った箇所をご紹介しましょう。
    くわしく!
  • 突き抜けることはヤバイことだ
    どうも、穗口です。
    あなたの周りにも、「突き抜けてるヤツ」がいることでしょう。

    • SNSやブログでの発言に注目が集まる・・・
    • 全国からお客様を集めることができる・・・
    そんな突き抜けたヤツが。
    小さなお店やサロンで、お客様に愛されるには
    突き抜けるのが早道でしょう。

    しかし。
    突き抜けることはヤバさの裏返しなのです。
    くわしく!
  • 「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣
    どうもです!穂口でございます。
    さて、本日はお店の最重要ファクターである、「人」に関する書籍のご紹介をば。


    • 思った通りに動いてくれない・・・
    • お金をかけて採用したのにすぐに辞めてしまう・・・
    • 意識が低く学ぶ姿勢がみられない・・・
    • SNSなどで情報を流出させてしまう・・・

    などなど。飲食店やサロンのオーナーと話していると
    出てくる悩みの半分くらいは人に関することになります。
    (ちなみに、もう半分は集客ですが)

    いくら良いサービスを提供してよい店づくりをしても、お店で働く「人」がちゃんとしていないと、お客様に選ばれることはありませんよね。
    だからこそ、人の重要性に気づき、従業員満足度の向上に取り組むお店も増えてきました。

    しかし、ここでカベにぶつかるのです。
    「従業員満足度が向上しても、売上が上がらない」というカベに。
    くわしく!
  • 小さなサロンにおすすめの「お客様ラブ!マーケティング」とは?

    こんにちは。のーちゃんです。


    エステサロンやヒーリングサロン、ネイルサロンなどの小さなサロンが「お客様ラブ!」なマーケティングをしていくことについてご紹介します。

    前回はお客様にもう一度サロンにお越しいただく「しくみ」をつくるということでした。


    今日は、小さなサロンにおすすめの「お客様ラブ!マーケティング」についてお伝えしたいと思います。


    ひとことで言うとおすすめしているのは、

    1. ネット上にもう一つのサロンをつくること
    2. 集客・お客様フォローを行うしくみづくりを行ってくこと

    です。


    では、具体的にどのようなしくみをつくれば良いのでしょうか。

    くわしく!
  • 「お客様ラブ!マーケティング」をはじめる5つのステップ

    こんにちは。のーちゃんです。


    エステサロンやヒーリングサロン、ネイルサロンなどの小さなサロンが「お客様ラブ!」なマーケティングをしていくことについてご紹介します。

    前回は小さなサロンにおすすめの「お客様ラブ!マーケティング」とは? でした。


    今日は、「お客様ラブ!マーケティング」をはじめる5つのステップについてお伝えしたいと思います。


    「お客様ラブ!マーケティング」の基本は、

    サロンのウリを発信することでお客様を選び、そのお客様を長い期間フォローする

    ということです。


    このしくみを作り上げていくためには、次の5つの順序で進めていきます。

    くわしく!
  • 紹介と口コミ「だけ」だと、大損??
    まいどです!穗口です。

    先日、開業8年、地道にお客様を増やして来られたアロマサロンのオーナーさんのご相談を受けました。


    「ウチは紹介と口コミがメインなんですが、ホームページって必要でしょうか?」

    なんでも、ずっと紹介と口コミだけでサロンへの集客ができていたが、今後この方針で大丈夫なのか、と不安になりご相談に来られたとのこと。




    ご紹介と口コミは最強の集客手法といえるでしょう。
    しかし、ご紹介と口コミ「だけ」では多くの集客可能性を無くしてしまっているかもしれないのです。
    このことは、今後の紹介と口コミの性質の変化により、加速すると思われます。

    くわしく!
  • サロンの理念についての考え方

    こんにちは。のーちゃんです。


    エステサロンやヒーリングサロン、ネイルサロンなどの小さなサロンが「お客様ラブ!」なマーケティングをしていくことについてご紹介します。

    前回は「4つの下ごしらえでサロンのウリを見つける方法」でした。


    今日は、「サロンの理念についての考え方」をお伝えしたいと思います。


    理念とは、サロンを「経営する目的」つまり、「究極の目標」です。

    この目標の達成につながらない活動は意味がない!といえる全ての根底です。


    なんのためにサロンを経営しているのか?

    サロンの「究極の目標」をハッキリさせると、すべてが見えてきます!

    くわしく!
  • 【おすすめ書籍】ジェネラリストなセラピストになるために
    セラピストさんがサロン経営を行っていく上で
    様々な疑問や問題が生じることがあると思います。

    そんな時にパッと手にとって、
    問題が解決できるヒントが見つかるような
    そんなセラピストの活動が網羅された辞書のような本があったらなあ・・・
    と思ったことはありませんか?

    まさ、そのような本がこの度出版されました。
    その名も『セラピストの手帖』
    これはセラピストさん必携ですよ!
    くわしく!
  • 販売が苦手なサロンオーナーさんにおすすめの本
    サロンや飲食店の方って「売る」ことに抵抗がある方が多いと思います。
    ご予約いただいたお客様にサービスを行うのが「仕事」というイメージがあるので
    お客様におすすめしたり、販売したりするのが苦手なんですね。

    同じ「お店」でもアパレル店の販売員は個人に予算(売上予算)があり
    かなり売ることについてシビアです。

    そんなアパレル販売員として、
    婦人服を1日最高100万円売ったカリスマ販売員さんが
    「売れ続ける販売員」になる方法を、丁寧に解説したのが本書です。

     


     


    販売員向けに書かれた本ですが、
    特にサロンを経営しているセラピストさんに読んで欲しいなーと思う一冊です。

    だって単なる売り方の本じゃなく、
    「あきらめないこころ」のつくり方の本ですから。
    きっと、セラピストさんの「売る」という意識が変わります。

    くわしく!
  • 【注意】おいしい広告話には気をつけましょう!

    最近関西地域で、小さなサロンやお店を狙った広告被害がでているという情報を

    リウムスマイル!ユーザーさんからお聞きして情報拡散を。

     

    手口は、


    「新聞の折込に集合広告として掲載します。ショップカードなども作ります」

     

    と個別のサロンやお店に訪問して、前金で代金を回収した上で

    実際には折込が入らない、カードも作成されない。

    電話をしてもつながらないというもの。


    まあ、この会社さんが詐欺目的なのか、

    本当になんらかの理由で遅れただけなのかは判断つきかねますが、

    お店やサロンにとっては被害がでているので注意喚起を。 くわしく!
  • サロンのインターネットマーケティングに効果的な4つのメディアと特性 サロンのインターネットマーケティングに効果的な4つのメディアと特性

    こんにちは。のーちゃんです。

    セラピストさんとお話していると

    • ホームページって必要?
    • SNSってどうやって使うの?
    • 実際の活動と連動させたい
    • パソコンが苦手で・・・
    • インターネットに時間が取れない

    と言うような声をよく聞きます。


    ネットショップオーナーさんなどが、インターネットマーケティングの方法についていろいろご紹介してますが、時間が限られているセラピストさんが、ずっとパソコンをいじれるネットショップオーナーさんと同じ方法でうまくいくことは難しいです。

    セラピストさんにはセラピストさんができる方法を考えていかないといけないですね!


    そのためには、インターネットメディアとその特性についてよく理解することが大切です。


    サロンが活用できる代表的な4つのインターネットメディアの特性を考えてみましょう。

    くわしく!
  • サロンの効果的なインターネットマーケティングについて【サロンがとるべき戦略】 サロンの効果的なインターネットマーケティングについて【サロンがとるべき戦略】

    こんにちは。のーちゃんです。


    おうちサロンや自宅でアロマスクールなどをされている皆様。

    インターネットの活用は、上手にできていますか?

    • ホームページはあるだけ…
    • SNSってどうやって使うの?
    • お店の現場と連動させたい…
    • パソコンが苦手で…
    • インターネットに時間が取れない…

    というようなお悩みを抱えていませんか?


    限られた時間の中で、「やらないといけない〜」と頭ではわかっていても、やり方がよくわからなかったり、時間が全然持てなかったり、始めること自体が億劫になっていたり、気持ちが焦るばかりになっていませんか?


    サロンの効果的なインターネットマーケティングについて、

    1. サロンがとるべき戦略
    2. メディアの特性と活用法
    3. 本当に大切なこと

    の3段階にわけて、ご紹介します。


    第1回目の今日は、【サロンがとるべき戦略】についてご紹介します。

    くわしく!
  • サロンのウリを見つける具体的な方法

    こんにちは。のーちゃんです。


    エステサロンやヒーリングサロン、ネイルサロンなどの小さなサロンが「お客様ラブ!」なマーケティングをしていくことについてご紹介します。

    前回は「サロンコンセプトの考え方(何屋さんなのかを明確に)」でした。


    今日は、「サロンのウリを見つける具体的な方法」をお伝えしたいと思います。


    お客様はなぜあなたのサロンに来るのでしょうか。

    • 肩こりを解消したいなぁ
    • 誰にも言えない話を聞いてもらいたいなぁ

    など、お客様が抱えている問題を解決したり、願望を実現したいから来店されるのですね。

    ライバルのサロンにはない強みで、この問題を解決したり、願望を実現できるポイントが「ウリ」になります。


    では、具体的にウリを見つけてみましょう。

    くわしく!
  • 男性向け眉カットが前年比194%!男性向け需要が高まる?
    まいど!リウムの穗口です。

    さてさて、男性の読者の方。
    あなたは眉毛を整えていますか?
    僕、穂口は整えておりません。生やしっぱなしです。

    しかし!最近は男性も眉毛を整えるもののようですよ!
    ビューズ株式会社(所在地:東京都中央区銀座、代表取締役:安藤 幸男)が経営している、理想の眉を、短時間・リーズナブルな価格で提供するビューティ・サロン「ビューズ」では、男性の利用者数が過去3年(*1)で445%にアップし、2014年度(*2)も前年比194%と好調な実績で推移しています。 

    ビジネスマン向けの眉カットサービスが前年比194%!ビジネスマンの新たな身だしなみを提供するビューティ・サロン「ビューズ」 - SankeiBiz(サンケイビズ) http://www.sankeibiz.jp/business/news/140703/prl1407031308054-n1.htm 

    くわしく!
  • 飲食店の4割が「外国人客が増えた」との回答。サロンはどうなる?
    最近、繁華街に行くと外国人がとても目につきます。
    特に中国や韓国からの旅行者が多いようです。

    人間はどこにいっても飲食しますので、飲食店にとっては
    外国人観光客の誘引はひとつの大きなニーズでしょう。

    ぐるなびが加盟飲食店に実施した外国人客の来店に関する調査によると、直近1年で外国人の来店があったと回答した店舗は79.1%、外国人の来店が「増えた」との回答は37.6%だった。 
    (中略)
    外国人客の来店対応を行なっている店舗は約6割で、内容は「外国語メニュー表の作成」(30.7%)、「外国人スタッフの雇用」(21.5%)、「外国語が話せる日本人スタッフの雇用」(18.4%)など。今後、必要だと思っていることでは「接客用外国語の学習」(37.4%)、「国や宗教による食の違いを勉強」(33.7%)、「メニューに使用している食材リストの作成」(30.4%)、「外国人に対応するための接客教育」(30.1%)の回答が多く、ぐるなびでは外国人客に自分の店舗や日本の食文化の理解をしてもらうことを課題だと感じている飲食店が多いとしている。

    外国人の来店が「増えた」飲食店は4割弱、外国語メニュー対応は3割 −ぐるなび調査 |トラベルボイス(公式) 
    くわしく!
  • シニアなペルソナさんには「もったいない」訴求 シニアなペルソナさんには「もったいない」訴求 シニア女性 「片付けたい物」1位は洋服 - MSN産経ニュース

    シニア層の片付けたい物のトップは洋服−。50代からの生き方応援月刊誌『いきいき』(東京都千代田区)が行った調査で、こんな結果が出た。
    調査は1〜2月、同誌を購読する55〜74歳の女性を対象に行った。

    それによると、「今、片付けをしているか」との質問で、いずれの年代も半数以上が「片付けたいと思っているがやっていない」と回答した。「片付けが進まない場所」(複数回答)は、「納戸・物置」が58%で最多。「使っていない部屋」(35%)、「自室」(34%)、「キッチン」(30%)、「リビング」(19%)が続いた。

    「片付けたいと思うもの」(複数回答)は、(1)「着ていない洋服」(74%)(2)「写真・アルバム」(64%)(3)「着ていない着物」(57%)(4)「読み終わった本」(54%)(5)「いつか読み返すつもりの本」(44%)−だった。このほか、布やバッグ、食器、調理器具、昔撮ったビデオテープや録音したカセットテープなども挙がった。

     「片付けが進まない理由」(複数回答)は、「ものが多い」(49%)と「もったいない」(46%)がほぼ同率で上位。「思い出にひたってしまう」(37%)、「忙しい・時間がない」(34%)が続いた。
    「もったいない」との理由は、50代よりも60〜70代の割合が大きく、年齢が上がるにつれてもったいないと考える傾向が強いことが分かった。
    くわしく!
  • 繁盛店の店長に「相手軸」の習慣を学ぶ本 繁盛店の店長に「相手軸」の習慣を学ぶ本 僕も時々遭遇するのですが,
    繁盛店には「スーパー店長」みたいな人、いるんです。

    なんかわかんないけど、
    • あの店長だと売れる。
    • お店の雰囲気が良くなる。

    みたいな。

    こんな店長ばっかりだったら、全店繁盛店にできるやん!
    と、そのお店の経営者さんはいろいろ数字とか分析するんです。

    でもわからない。
    同じ事やっても同じような繁盛店にならない。雰囲気の良い店にならない。
    んで、「天然物」ってことであきらめちゃう。
    くわしく!
  • お店のコンセプトをまとめる「下ごしらえ」のためにやるべきことをまとめ

    こんにちは。のーちゃんです。


    エステサロンやヒーリングサロン、ネイルサロンなどの小さなサロンが「お客様ラブ!」なマーケティングをしていくことについてご紹介します。

    前回は「サロンのウリを見つける具体的な方法」でした。


    今日は、今までお伝えしてきた、お店のコンセプトをまとめる「下ごしらえ」のためにやるべきことをまとめてご紹介します。

    くわしく!
  • 「ものを売る」ことが苦手な人のための救いの本 営業=ものを売ること、得意ですか?
    自信をもってハイ!と手を上げられる方がどれくらいおられるでしょうか。

    にもかかわらず、ものを売る仕事というのはとても多いワケです。
    いわゆる営業職も、販売職も、サロンのセラピストも、飲食店のホール担当も
    ものを売ることが仕事(の一部または全部)なんです。

    得意じゃないのに、その営業の仕事をするのって
    凄いストレス。
    そんなストレスを抱えた営業が仕事の方への救いの本。
    それが本書です。

    『”ストレスフリー”な営業をしよう!お客様の満足をとことん引き出す「共感」の営業』

    くわしく!
  • グレイトフル・デッドのマーケティングレッスン 常々、サロンやお店ってバンドに似ているな、と思うのです。
    (バンドってあれやで、音楽のやで。)

    まず、バンド自体が個性的じゃないといけない。
    他にもいっぱいバンドあるからね。サロンやお店も同じですね。

    上手くなくても、なんかすんごい魅力があればよいって点もサロンやお店と似ている。
    個性をいかにうまくお客様に伝えるのか。それが第一の勝負。

    そんで、お客様と長〜くお付き合いすることが
    成功の秘訣であることもそっくりである。
    一発のビッグヒットよりも、固定的なファンがたくさんいるバンドは長続きするし
    (結果的に)経済的な成功もおさめる。(まさにお店やサロンも!)


    この2つを理解し、実践することで
    超うまくいっているバンドがアメリカにあるんです。
    その名も・・・

    「グレイトフル・デッド」
    というバンド。きっとロックが好きな方は名前くらい聞いたことはあるでしょう。
    でも、日本の普通の音楽ファンは知らない人も多い。そんくらいの知名度のバンド。
    くわしく!
  • 繁盛商店街のコラボ事例満載!の小冊子差し上げます! 繁盛商店街のコラボ事例満載!の小冊子差し上げます! 全国商店街支援センターさんが

    商店街いきいきマガジン
    『EGAO』2013/spring

    を送ってくださいました!

    今号のテーマは「まちづくりのパートナー」
    商店街と様々ななパートナーがタッグを組んでまちづくりを行った事例が満載です!


    くわしく!
  • yahoo!のIDを持っている方は要チェック!

     

    ヤフーは、「Yahoo! JAPAN」のサービスを提供するサーバーに5月16日21時ごろ不正アクセスがあり、ユーザー アカウント「Yahoo! JAPAN ID」のユーザー名(ID)最大2,200万件の入ったファイルがサーバー上で作成されたと発表。さらに、同ファイルが外部に流出した可能性があるとした。同社は、ユーザーの ID が不正アクセスの対象だったかどうかを調べるツールを公開して確認を呼びかけるとともに、各種セキュリティ強化ツールを案内している。

     

    「Yahoo! JAPAN ID」2,200万件のユーザー名が流出した可能性、ヤフーのツールで確認を - インターネットコム 

    リウムスマイル!をご利用のお客様にも、結構yahoo!mailなどのサービスを利用されているの方が多いのでご連絡まで。

     

    以下の手順で簡単に、自分のアカウントが不正アクセスにあったのかを調査できます。

    くわしく!
  • クロスセル厳禁!お店の利益を損なう4つのタイプの顧客 クロスセル厳禁!お店の利益を損なう4つのタイプの顧客

    クロスセルという言葉があります。

    簡単に言うと、

    ひとつの商品を買っていただいたお客様に別の商品を販売することで

    お客様ひとりあたりの売上をあげようという考え方です。

    • エステサロンがエステ施術を受けたお客様に化粧品を販売する
    • 居酒屋さんがドリンクやデザートをおすすめして販売する
    • ヘアサロンがカットのお客様にトリートメントを販売する

    というような感じ。

     

    おすすめした商品がお客様にとってよいものであれば

    このクロスセルって、お店にとっては良いことである!

    と考えられていました。

     

    しかし、どうやらそうでもない。

    むしろ利益を損なうことがあるらしい。

    という研究が発表されております。

    くわしく!
  • SNSで相手に近づく手口で高額エステ勧誘 男女5人逮捕

    ソーシャルネットワークサービス「mixi(ミクシィ)」で、「友達になりませんか」とメッセージを送って相手に近づく手口で、高額なエステ契約を結ばせていたとして、エステサロン経営の岡田 真由美容疑者(40)ら5人が、特定商取引法違反の疑いで、警視庁に逮捕された。

    岡田容疑者らは、知り合った女性3人を、エステへの勧誘が目的だったことを隠して、自分の店に連れて行き、「正規の値段は450万だが、親戚扱いで150万円でいい」などと、特別な値引きを装っていた。

    岡田容疑者らは、およそ400人と総額5億円以上の契約を結んでいたとみられている。

     

    SNSで相手に近づく手口で高額エステ勧誘 男女5人逮捕(FNNニュース) 


     

    くわしく!
  • お店は携帯とスマホ対応しないといけないね。という調査結果。 お店は携帯とスマホ対応しないといけないね。という調査結果。

    今回の調査では、携帯電話(スマートフォンを含む)からのインターネット接続時間は50.6分と、2012年から約10分増加した。携帯電話からのインターネット接続時間の伸びは、特に女性20代・30代で顕著に見られる。一方、PCからのインターネット接続時間は引き続き減少が続いている。

     

    携帯電話からのネット利用時間が増加、PCは減少トレンド - 博報堂DY調査

    くわしく!
  • 要確認!SNSはコントロールできないメディアという事実 要確認!SNSはコントロールできないメディアという事実
    FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークサービス(以下SNS)は
    お店にとって超ベンリ!

    お店の情報発信や、お客様のフォローも手軽にできちゃう。
    んで、費用がかからない!
    本当に良い時代になったもんです。

    しかしながら、SNSの活用も良い面ばかりではありません。
    SNSを商売に活用していくのであれば、その現実について理解しておくべきです。

    そう、「SNSはコントロールできないメディアである」という現実を。


    くわしく!
  • 感動!ヒット商品の裏に社長の愛を見た
    友人はまだ半分も飲んでいない生ビールにちょっと口をつけただけでカウンターに戻す。
    すこし間を開けて、しかめっ面を作ってこちらを向いてこう言った。

    「・・・というのはタテマエでな。実はものすごい苦労の末の産物なんじゃ」

    ある大ヒット商品に秘められた社長の愛のお話でございます。
    (今日はマーケティングノウハウとかないよ!)
    くわしく!
  • ウリもコースも最初は仮説だから2方向からの検証が必要なんです。 ウリもコースも最初は仮説だから2方向からの検証が必要なんです。
    僕のコンサルティングを受けた方ならご存知かと思いますが
    僕はどんな業種でもスペシャルコースを作る方向で考えることが多いです。

    お店が売りたいもの、できることじゃなくて
    「お客様がほしいもの」視点でお店の商品やサービスを組み合わせる。
    それが僕が提案しているスペシャルコースなのです。

    まあ、コースという形になることもあれば、
    アピールすべき「ウリ」という形になることもありますが。

    ただし!ウリを見つけてスペシャルコースができあがったとしても
    それで満足していてはいけない。

    ウリやスペシャルコースができたら必ず
    内側・外側の2方向からの検証をしなければならないのです。

    なぜなら、ウリやスペシャルコースというのはあくまでも仮説にすぎないから。
    くわしく!
  • カシコイ!3世代対象のマーケティング。【ニュース分析】 カシコイ!3世代対象のマーケティング。【ニュース分析】
    3世代向け商品・サービスで集客 買い物、飲食…祖父母に狙い - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/130930/trd13093008080004-n1.htm

    「孫育て」の増加からか、親子だけでなく祖父母も巻き込んだ3世代向け商品やサービスが増えている。祖父母世代に当たる60代後半はアクティブでおしゃれで、好奇心旺盛な団塊世代。祖父母も親も子供たちも満足するアイテムが注目を集めている。(村島有紀)
    くわしく!
  • お客様ご意見を参考にする時肝に銘じたい3つの点 お客様ご意見を参考にする時肝に銘じたい3つの点
    お店はお客様あってのもの。
    すべてはお客様のために!という商売です。(どんな商売でも同じか!)

    だからお客様の意見は積極的に取り入れなければ!
    • ホームページ作成した時も
    • 新しいメニュー考える時も
    • イベント企画した時も
    何をするにも、お客様に聞いてみるお店のオーナーさんがおられます。
    確かに、お客様の意見をお聞きすると改善につながるような貴重な気づきを得られることも多い。

    ですが…
    お客様の意見に振り回されて、
    方向がブレブレになってしまっている方もチラホラ・・・


    せっかくお店の改善をしようと意見をいただくのに
    そのせいで方向性がブレていては本末転倒。

    今回は、お客様にご意見を頂く際に肝に銘じておきたい3つの点
    をご紹介したく存じます。
    くわしく!
  • 【お坊さんに学ぶ2】集中しづらい仕事に集中するためのコツ 【お坊さんに学ぶ2】集中しづらい仕事に集中するためのコツ
    お店やサロンのオーナーさんのお話をお聞きしていると、
    •  サロンワークをしている時
    •  精油をブレンドしている時
    •  新メニューのレシピを考えている時
    •  お客様をカウンセリングしている時
    なんかは、あっという間に時間がたつほど集中できるのに、
    ブログの更新や、チラシ作り、ホームページの更新やメルマガ作成は苦手・・・
    全然集中できない!全然はかどらない・・・

    なんてことがあるようです。
    どうやら仕事には、自分の得手不得手、好き嫌いを超えたところで
    集中しやすい仕事と、集中しづらい仕事があるようです。

    先日小池龍之介のというお坊さんの書いた『貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方』という本に
    「集中」に関する興味深い記述がご紹介いたしましょう。
    (本論?である貧乏やお金の話と違う所にフォーカスしてしまってすみません!)


    以前紹介したお坊さんに学ぶ!ブログ・SNS活用4つの心得 もご参考くださいね〜
    くわしく!
  • 小さなお店やサロンでも「未来予測」は必要なのか。
    「未来を予測するのは経営者の仕事。」

    いろんなコンサルタントがおっしゃいます。
    いろんな経営書にも書いてます。

    この言葉を聞いたお店やサロンのオーナーさんがよく反発するんですね。

    「ウチのような小さなお店は、「未来」などと背伸びせず、目の前のお客様にご満足いただくことだけ考えます!」

    みたいな。

    これ、聞こえはよいですが
    お客様をかくれみのにした、ただの現実逃避です。
    くわしく!
  • トリオ漫才ちゃうで!今さら聞けないトリプルメディアについて
    ネットマーケティング界隈でなにかと話題のキーワード
    トリプルメディア


    わかったような、わからんようなキーワードが流行るのが近年のネットマーケティング業界のようですが
    このトリプルメディアについてわかりやすく解説している記事があったので、
    お店やサロンのオーナーさんにもシェアしたく存じます。

    トリプルメディアとは・・・
    • Paid Media
    • Owned Media
    • Earned Media
    であります。
    この記事での解説を下敷きに、お店やサロンのオーナーさんにもわかりやすくトリプルメディアの説明を試みてみましょう。
    くわしく!
  • アナログバンザイ!〜変わらなくてもいんだよ〜
    お店やサロンの集客やファンづくりにインターネットって便利ですよねー。
    ホームページを初めてとして、ブログ、顧客管理、メルマガ配信、FacebookやTwitterなどのSNS。
    いろんな方法が手軽に利用できるようになっています。


    また、なによりもインターネットという手段が、
    お客様に浸透していますもんね。

    だから、お店やサロンの集客やファンづくりにインターネットを利用しない手はない!
    と全国のオーナーさんに説いているのでございます。

    このようなことを申しますと、
    「今までずっとアナログでやってきから、インターネットに変えるのが怖い」
    とおっしゃられる方が稀におられます。

    ですが、大丈夫。
    変えなくたっていいんだよ!
    アナログな強さを活かすためのインターネットなんですよ! 
    くわしく!
  • げっ!私…ウリがない!時に活用したい3つの切り口
    エステサロンを開業しようという女性から
    「穂口さんは、人をウリにしろ!っていいますけど、私にウリがないんです…。」

    とご相談をうけました。
    うわっ、それ言っちゃうか!
    と思ったのですが、正直な人なんでしょうね。
    これから開業するにあたり不安になったのでしょう。

    よくよくお話をお聞きすると、彼女が自信を持てないのは、自分のエステ技術についてであることがわかりました。


    お客様がお店やサロンに求めるのは、商品やサービスそのものだけではありません。
    一口に「ウリ」ともうしましても、
    様々な切り口が考えられるのです。
    だから技術にウリがなくても(お客様を満足させられる絶対的なレベルは必要だよ!他店を圧倒するような技術がなくても、って意味ね)
    他のウリで補えればよいのです。

    本日はお店とサロンのウリを考える時に使える、3つの切り口
    • 商品・サービスのウリ
    • 場所のウリ
    • 人の売り
    についてご紹介しましょう。

    くわしく!
  • ブログ風ベスト人気記事10 本年もありがとうございました!
    いやあ、2013年も大詰めですね。
    今年もお店やサロンの皆様のお役にすこしでも立てば・・・
    と思い情報発信してきたこの「お客様ラブ!マーケティング入門ブログ(風)」ですが、
    今年下半期の人気記事ベスト10をご紹介したいと思います!
    くわしく!
  • 経営理念をつくる3つのメリット
    新年あけましておめでとうございます。
    今年もコンサルティングやシステム開発の現場で得た気づきを中心に、
    マーケティングのプロである僕達のアンテナに引っかかった役立つ情報をどんどん発信していく所存です。
    「お客様ラブ!マーケティング入門ブログ」をよろしくお願いいたしますー!


    さて、新年第一回目は「経営理念」ついてお伝えしたいと思います。
    理念というとなんだか大変崇高なものように聞こえてます。
    「私は1人で商売しているから理念なんていらないよね」
    「もっと規模が大きくなってから理念をつくればいいよね」
    なんて思ってしまいそうですが、
    いやいや、そんなことはない。

    どんな小さなお店やサロンでも理念は必要です。
    だって、

    1. お客様に思いが伝わる
    2. 迷った時の判断基準になる
    3. 漠然とした不安から開放される
    という3つのメリットがあるんですもの!
    くわしく!
  • 踏ん張るガラケー 携帯3社が新機種投入
    最近スマホの普及がめざましく、
    お店やサロンにくるお客様のほとんどがスマホになっている印象です。
    オーナーさんたちも
    「スマホ対応のホームページが必要だ!」
    という認識になっているようです。

    でも、ガラケー(普通の携帯=フューチャーフォン)の人気も結構根強いですよねえ。

     スマートフォンに注目が集まる中、従来型の携帯電話の利点が見直されている。使い勝手の良さや料金の安さから根強い人気があり、携帯大手3社はそろって冬春商戦向けの新機種を発売した。世界標準と違う独自の進化を遂げた「ガラパゴス携帯(ガラケー)」とやゆされ、肩身の狭い思いをしてきたが、どっこい踏ん張っている。

     冬商戦で盛り上がる東京・秋葉原のヨドバシカメラ大型店。携帯電話売り場の大半がスマホとなった中でも、従来型を手に取る客が相次ぐ。販売担当者は「従来型は販売の1〜2割を占める堅い客層がある。ガラケーを指名買いする顧客もいる」と話す。

     支持される理由の一つは料金の安さだ。調査会社によると、スマホではデータ通信料などを合わせて月額6千〜7千円になる標準的な料金が、従来型だと半額程度の月額3千〜4千円で済むという。使いやすさも魅力で、利用者からは「(電池の持ちがよく)通話できる時間などがスマホに比べ圧倒的に長い」「ボタン操作でミスが少ない」などの声が上がる。コストを抑えたい法人需要も大きい。

    踏ん張るガラケー 携帯3社が新機種投入 ― スポニチ Sponichi Annex 社会
    くわしく!
  • 女性起業家の方が黒字が多い?
    日本政策金融公庫は女性起業家を対象にした実態調査を行った。それによると開業1年後の「黒字基調」の割合は49.7%と男性起業家を8.6ポイント下回るが、時間の経過に伴って差は縮まり、開業後4年を経過した時点で逆転することが判明した。女性は男性に比べ、「現在の事業に関連する仕事をした経験がある」割合が低い。このため当初は苦戦を強いられるが、「キャリアを積み上げることで、徐々に能力を発揮していくようになる」(総合研究所小企業研究第一グループの藤井辰紀主任研究員)ことが、逆転につながっていくとみられる。 


    リウムスマイル!のユーザーさんも圧倒的に女性が多いのですが、
    これは体感的にも正しいと思います。

    くわしく!
  • 僕が二つ折り名刺を使う3つ+1の理由
    先日、リウムスマイル!ユーザーさん対象の
    「ちょい聞き質問会」を行いました。

    この質問会の前に毎回テーマを変えた、軽い勉強コーナーがあるのですが
    今回のテーマが「名刺」でした。

    この名刺に関するディスカッションが
    思いの外盛り上がり、僕としても本当に勉強になりました。

    その時に
    「穗口さんはなんで二つ折り名刺をつかっているんですか?」
    とご質問いただいたので、
    その理由についてじっくりと考えてみました。

    僕が二つ折り名刺を使う理由は・・・
    1. 情報を余裕をもってお伝えできるから
    2. 読んでいただくきっかけがあるから
    3. お渡しした後、思い出していただきやすいから
    の3つでございます。
    では、この3つの理由を解説いたしましょう。
    くわしく!
  • 飲食店のお通し料金表示義務化対策

    居酒屋で出される「お通し」について、大学生が自分たちで行った調査に基づき、条例で分かりやすい表示を義務づけられないか検討するよう東京都に要望しました。

    大学生、えらい踏み込みましたねえ。
    飲食店にとっては、できたらソッとしておいてほしい部分だっただろうに・・・
    このニュースは極端なお話なのかもしれませんが、
    昨今なんでも透明化の時代なので将来本格的に、
    お通し代金表示の義務化
    なんて条例ができるやもしれません。


    そんな時のために、飲食店の対策を考えてみました。
    まあ、3つくらいしかないんですが・・・

    1. お通しを廃止する
    2. お通し料金を表示する
    3. 食事全体の料金で勝負する料金体系にする
    くわしく!
1  2  次>