スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. 【お坊さんに学ぶ2】集中しづらい仕事に集中するためのコツ
 

【お坊さんに学ぶ2】集中しづらい仕事に集中するためのコツ

2013/10/29 【お坊さんに学ぶ2】集中しづらい仕事に集中するためのコツ
お店やサロンのオーナーさんのお話をお聞きしていると、
  •  サロンワークをしている時
  •  精油をブレンドしている時
  •  新メニューのレシピを考えている時
  •  お客様をカウンセリングしている時
なんかは、あっという間に時間がたつほど集中できるのに、
ブログの更新や、チラシ作り、ホームページの更新やメルマガ作成は苦手・・・
全然集中できない!全然はかどらない・・・

なんてことがあるようです。
どうやら仕事には、自分の得手不得手、好き嫌いを超えたところで
集中しやすい仕事と、集中しづらい仕事があるようです。

先日小池龍之介のというお坊さんの書いた『貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方』という本に
「集中」に関する興味深い記述がご紹介いたしましょう。
(本論?である貧乏やお金の話と違う所にフォーカスしてしまってすみません!)


以前紹介したお坊さんに学ぶ!ブログ・SNS活用4つの心得 もご参考くださいね〜

集中しやすい仕事・集中しづらい仕事

世の中には、集中しやすい仕事としにくい仕事があります。
例えば、農作業などは、集中しやすい仕事といえます。ある意味、単純作業的な仕事というのは、集中しやすく、したがって、ひたすら幸福になれる仕事なのです。
 反対に、頭脳労働、特に、コミュニケーション的な仕事に行けば行くほど、集中はむずかしい。営業や販売は、その意味で、非常に高度な仕事だといえましょう。
(P125)

著者が「単純」という言葉を使って言いたいのは、
「同時に複数の情報処理することがあまりない仕事」というニュアンスでしょうか。

農作業のように身体を動かしながら、いろいろ考えなくて良い仕事は集中しやすい。
つまり、集中とは「今」やっていること以外のことを考えていない状態、
といえるのです。(あれ?当たり前のことか・・・)
著者は集中力が発揮されている状態をもっと具体的に説明していて、

たとえ集中しにくいものであっても、集中できる人もいるわけです。それこそが「集中力」です。精神統一をする能力といってもいいでしょう。
 心が、入ってきた情報を勝手に処理し、司令を出していくのを止める能力、考えがあれこれ拡散し勝手に回転してしまうのうをやめる能力、思考に自分が操られていくのを止める能力です。この「止める能力」と磨くというのは、仏道の根幹のひとつです。
(P126)

この説明なんか読むと、コミュニケーションもそうですが
文章を考えて書くとか、イベントを企画する・・・
なんて頭で複雑な情報を処理する仕事って、どんどんいろいろな考えが浮かんでは消えるわけですから
ごっつい集中しにくい仕事なんですね。

その点、サロンワークでお客様のお身体に触れている時は
自分の手のひらの感覚やお客様の状態、などなど「今」を最善にするための情報収集や情報処理に専念できます。
だから、集中できる。

まあ、やりたくないとか苦手とかも影響しているんでしょうけど、
仕事の性質的に集中しづらい!ってのもあるんだなあと。


集中しづらい仕事に集中するためには?

では、そんな集中しづらい仕事に集中するためにはどうしたら良いのでしょう。

一つに「ふだんは拾わないような情報をちゃんと拾うようにする」という方法があります。

例えば、キーボードを打って文章を書く時を例に取ると・・・
  • 指先がキーボードに触れる感覚を意識してみる
  • 息を吐いているのか、吸っているのかを意識してみる
  • 肌の感覚は?空気は冷たい?温かい?
  • 視界には何が写っている?どう変わっていく?
ということでしょうか。

そんなふうに、ふだんは拾わないような情報をちゃんと拾うように意識を集中すると、その分、雑念がへっていきます。思考することと集中することは両立しないからです。
減っていくだけではなくて、的確な判断ができるようになります。
(中略)
ですから、先に、単純作業は集中しやすいけれど、営業のようにコミュニケーションを主体とする仕事は集中が難しいと書きましたが、決して集中できないわけではないのです。より高度な集中力がいるというだけのことです。
(P144)


まあ、実践してみると分かるのですがこれがなかなか難しい。


ただ、ちょっとやってみるとわかるのですが、相当息し的に、集中するぞ、よく聞くぞ、よく見るぞと思っていないかぎり、すぐにぼーっと思考の中に逃げ込むことになってしまいます。心というものは、どんどん雑念を増やして、欲望と怒りが増えていくようにプログラムされているからです。
(P145)

人間とはそもそも、放っておいたら勝手に思考を始める動物のようです。
ですから、その勝手に始まる思考を意識的に停止させる努力が必要で
その具体的方法が、「ふだんは拾わないような情報をちゃんと拾うようにする」というわけなんですね。



僕もこの本を読んでから、文章を書く時、人としゃべる時、企画を考える時
意識的にいろいろな感覚を意識するようになりました。
油断するとすぐに妄想の世界に入ってしまうのですが
だんだんと「集中というのはこういうことなのかあ・・・」というのがわかってきました。

なんたって原価ゼロで試せる方法ですから、やってみる価値はありと思います。
ブログ書いたり、ホームページ更新したり、メルマガ記事書いたりするのが苦手なお店のオーナさんは
この方法試してみてくださいね!


あと、副作用?的な効果として
集中するとなんだか幸せな気分になることがわかりました。
いろいろ感覚を意識して、「今」に集中していると「あれ?なんだか幸せ?あれれ?」となるんです。
これ、なんなんでしょうか・・・



お店のウリをつくるドリル無料ダウンロード&メール講座

ファンづくりドリル・下ごしらえ編

ブログ・Facebook・Twitter・ホームページ・メルマガ・・・

テクニックもエエけど、

活用のカギは「お店のウリ」の明確化!

 お店のウリを自分でまとめられるドリル作りました!

ファンづくりに取り組む前にやっておくべき下ごしらえが、やさしいドリル形式のシートに書き込むだけでできちゃう!書き方の説明はメール講座で解説します。お店のオーナーさんは一度やってみて!

 

無料ダウンロードする

Facebookで最新情報を


 

裏情報はメルマガで・・・


リウムスマイル!フェイスブックページ

いいね!をすると、最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

メルマガオミセラブ

メルマガオミセラブの登録をする

本ブログのまとめや、ブログでは書けない裏情報などをメールでお届け!