スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜18:00

  1. 値上げできないって本当?誰が決めたん?
 

値上げできないって本当?誰が決めたん?

2017/01/19
値上げができない?それ妄想です!
ええんですよ!ええんですよ!値上げしても。
まあ、お客様来なくなるかも知れないけどね。



「一度価格を決めたら、値上げってできませんよね?」
こんな質問をサロンオーナーさんからいただくことがございます。

答えは・・・
いいえ!

値上げも・値下げもできます!
値下げも・値下げもオーナーが自由にやっていいんです。

一度価格を決めたら、ずっとそのままにしなければならない!
というのは思い込みです。
自由に変えていいんですよ。
誰に断りもなく、自由に。

自分の話で恐縮ですが、リウムスマイル!の「プロにお任せコース」(つまり、僕が依頼者さんのお話を聞いて、ホームページを作成させていただくコース)の料金って、毎年上がってます。

値上げしたらお客様来なくならない?

この「プロにお任せコース」の料金、最初は確か、10万円だったような気がします。
翌年には18万円に。
そしてその翌年には28万円に。
さらにその翌年には38万円に。

そして現在は・・・45万円に!!

最初から考えると4.5倍。
値上げしたら、お客様来なくなるんじゃ・・・と思いますが、毎月の受注件数は当初と変わっていない感じです。
(と、いうことは、どういうことかわかるね?)

値上げの2つの理由

そもそもなぜ値上げが必要なのでしょうか。
大きくわけて2つの理由が考えられます。

ひとつは、
適正価格にするための値上げ。

お客様が値上げで来なくなるのは

 価値 < 価格

となるからなのですね。

提供している価値が価格以上なのであれば、値上げしてもお客様は来ます。
提供している価値以上の価格になれば、お客様は離れます。

だから、自分が提供しているサービスの価値が、価格よりも高いな〜
つまり、適正価格でないな〜
と感じたら、値上げしてみるのです。


もう一つは、戦略的な値上げ。
複数のサービスを提供している場合、値上げにより価格の不均衡を生み出すために値上げするという理由です。

リウムスマイル!の「プロにお任せサービス」の値上げはこの色合が強いですね。
サロンはホームページを自分で作るほうがよい!という考え方が基本ですので、できればご自身でホームページを作成してほしいんですね。
だから、お任せサービスを高く高くしていく。
その変わり、「立ち上げサポートコース」や「サポート&デザインコース」はお値段そのまま。

つまり、自分で作ったほうがお得なんですよ〜

というメッセージなんですね。


値上げはやってみなくちゃわからない!

と、理由を考えてみましたが、値上げしてもお客様が離れないかどうかは、実際にやってみないとわからない。
値上げしても全然OKなこともあるし、値上げしたらお客様が離れた・・・ということもあるでしょう。

でもね、お客様離れたら、値段をまた戻せばいいんですよ。
ま、ちょっとかっこ悪いと思ってしまいますけど、価格は上げることもできれば下げることもできるんです。

だから、価格を変えることを神聖不可侵なものと思わず、必要があれば恐れずチャレンジしてくださいね。

160分でつくる!小さなサロンのホームページ スタートマニュアル無料プレゼント


160分でつくる!小さなサロンのホームページ スタートマニュアル

サロンをじっくり丁寧に説明できる「ネット上の分身」のような

ホームページがたったの160分で、自分で立ちあげられる


スタートマニュアルを無料でプレゼントいたします!


サロンの魅力の見つけ方から、ホームページの作成手順までまるわかり!


お申し込みはこちらから

↓ ↓ ↓

スタートマニュアル無料プレゼントフォーム

Facebook・Twitterで最新情報を

 

裏情報はメルマガで・・・


リウムスマイル!フェイスブックページ

「いいね!」や「フォロー」をすると、最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

 

メルマガオミセラブ

メルマガオミセラブの登録をする

本ブログのまとめや、ブログでは書けない裏情報などをメールでお届け!

穗口 大悟

有限会社リウム代表 マーケティングコンサルタント

人が絶対にもっている「ステキ」を「価値」にすることができれば、幸せな商売ができるはず!

幸せな商売がふえれば、日本も幸せ〜。と日々妄想しております。

好物は天津飯(関西風)です。 

 

著書: 小さなサロンのための『売り込まないネット集客の極意』(BAB出版)