スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. 紙の本と電子書籍【メルマガオミセラブ】
 

紙の本と電子書籍【メルマガオミセラブ】


さて、僕は6月に『小さなサロンのための”売り込まない”ネット集客の極意』という本を出しました。
本を出すのはとっても大変で、なんどもやめたくなったのですが、
本が出ると・・・

・全国からセミナーの依頼が入ってきた!
・本を読んだ方から、「おまかせコース」(41万円)のご依頼がポンポン入った!

と、どえらい効果です。
いやあ、がんばって書いてよかった(涙)
何より嬉しいのは、

「サロンのマーケティングならリウムさんでしょ」と言ってくださる方が増えた!
こと。本を出した狙いが、この「ブランド」づくりだったので、思惑通りで本当に嬉しい!



ところで今、電子書籍を出すのが流行ってます。
電子書籍、自分の意志で出せるし、量も少ないし、気軽にできて良いですね。

でも、電子書籍で圧倒的な効果があった、というお話は聞きません。
なぜか。

電子書籍はあくまでも「ツール」なんです。
電子書籍を出していることを自らが宣伝して、読んでいただき、自分を知って頂くための
有効な道具であることは間違いないのですが、
発売したからと言って、それだけで数百万円の売上につながり、ブランドが構築されることは珍しいでしょう。

ここが紙の本との大きな違いだな〜
と思います。

だから、
電子書籍を書こう!書ける!実力がある方であれば
ぜひとも、紙の本の出版を目指して欲しい。
それも、自費出版ではなく、商業出版(著者は1円も払わず、逆に印税がもらえる出版社が主導する出版)を!

でも・・・
商業出版って、一部の特別な実力を持った人だけができるものなんでしょう?

みなさん、そうおっしゃいます。

でもね、

 誰 も が 特 別 な 存 在 な ん で す !

要は、あなたの特別な部分を、どう企画として出版社にプレゼンするのか。
つまり「出版企画」次第で、誰でも自己負担なく本が出せる可能性がある!
これは真実です。

じゃあ、どうしたら、出版社に採用される
出版企画って作れるのでしょう?

□■緊急セミナー「1年以内に商業出版を実現する方法」■□
出版企画のことは、出版企画のプロに!
ということで、ご自身も2冊の書籍を出版されており、
3年間で27人の著者の出版企画をプロデュースしている 前川あゆ 先生に
リウムにてセミナーをお願いしました。

題して・・・
「1年以内に商業出版を実現する方法」
〜知名度アップ・売上アップ・費用負担なしの究極の販促手段〜
1月31日(日曜日)14:00〜17:00 有限会社リウム(大阪市西区西本町1-6-9)にて。

■講師
前川あゆ

■セミナー内容
1. 商業出版と自費出版の違いは費用面だけじゃない
2. 商業出版で採用されやすいテーマ・NGテーマ
3. 商業出版で採用されやすい人・されない人
4. 商業出版の可能性を高める具体的な方法
5. 実践!出版企画書のつくり方

+実際の出版企画がどのように進んで行ったのかという事例を何件かお話いただくようにお願いしました!

この内容で充実の3時間。
そして、定員は8名様限定となります。(すんません。うちの事務所が狭いからです・・・)

■セミナー料金
12,960円
※早割! 12月31日までにお申し込みの場合 9,720円

■セミナー参加者特典
・後日の個別出版コンサルティング60分(通常3万円)が無料
・出版企画書の添削が2016年4/末まで何度でも無料

 ★セミナー詳細・お申し込みはこちら★
 緊急セミナー!「1年以内に商業出版を実現する方法」