スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. ダメ名刺。【メルマガオミセラブ】
 

ダメ名刺。【メルマガオミセラブ】

いつもお世話になっております。
リウムの穗口です。
お寒うございますが、お元気でしょうか。

さて、名刺もってますよね。名刺。
たかが名刺。されど名刺。

初めてお会いした方に必ず渡す名刺。
よっぽと嫌われない限り、相手の手元にずっと残る名刺。

なかなか侮れないのであります。

名刺を気合入れて作ると
単なる儀礼ツールとしてとしてではなく、
お客様を連れてきてくれるツールになってくれるのです。

・パーティーで隣り合わせ整体院の先生から、名刺が発端で話に花が咲きホームページを受注
・初めてお会いしてから3年以上たった方から「名刺を見て思い出して」とお電話いただきコンサルティング契約に
・「名刺を見て、この人には穗口さんが必要だと感じたので」と友人を紹介してくれた介護事業所の社長(結果としてホームページを受注)

僕の名刺でも、このような例がたくさんあります。

名前と会社名(屋号)、連絡先だけの「ダメ名刺」だと
こんなこと起こりっこない。
毎日配る名刺を少し工夫するだけで、お客様を連れてきてくれるんですね。


■すぐできる!名刺3つの改善ポイント
では、どんな名刺にすればお客様を連れてきてくれるのかというと
いろいろとポイントはあるのですが、
すぐ改善できる3つのポイントをご紹介しましょう。

●名刺改善ポイント1 顔写真を入れる
いただいた名刺だけ見ても顔が思い出せない!ってことよくありませんか?
写真が入っているだけで、「あー!こんな人いたなあ・・・」となりますやん。
写真が名刺に入っていないのであれば、すぐに写真を入れるべき!です。

●事業内容・サービス内容を入れる
あなたが「なに屋さん」なのかが名刺を見てもわからない状態だと、
名刺からお問合せが来ることなんてあり得ません。
名刺の裏に事業内容やサービス内容を書いたらええねん!
裏を白紙にするなんてもったいない!

●ホームページや会社概要とのイメージ統一
ホームページや会社概要など結構凝ったモノ作っているのに
なんで名刺はそんなしょぼいの?って方も多いです。
ホームページや会社概要とデザイン統一するだけで、
統一したイメージを持っていただきやすくなり、
名刺→ホームページ→問い合わせ
の流れがスムーズになります。


・・・ということで
ぱっと目につきやすい3つの改善点をご紹介しました。
めちゃ簡単でしょう?

ぜひ名刺の改善やってみてくださいね〜



無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録