スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. 「エクセルシオール カフェ×エース保険 」コラボの担当者インタビューから学ぶこと
 

「エクセルシオール カフェ×エース保険 」コラボの担当者インタビューから学ぶこと

2014/10/07
保険代理店のコラボ戦略で気をつけたい5つのことでも取り上げましたが、エクセルシオールカフェを運営するとドトールコーヒーさんとエース保険さんのコラボ企画。

今回のコラボレーションを担当した両社の担当者さんのインタビューが掲載されています。 

世界54カ国で業務展開している保険会社・エース損害保険株式会社と、国内屈指のカフェチェーンを展開する株式会社ドトールコーヒーが、コラボレーション企画を実施。保険と飲食という“異業種”によるタッグは非常に珍しい試みだが、果たして両社にとってどのようなシナジー効果が得られるのだろうか? 両社の担当にその真意を聞いてみた。
保険と飲食による“異業種”コラボの意外なシナジー効果とは? ニュース-ORICON STYLE- http://www.oricon.co.jp/news/2042317/full/ 

こういうニュースの裏側にあるマーケティング的な意図を聞けるのは良い機会です!


無形商品の見える化

代理店向けのキャンペーンではなく、直接ユーザーに向けたキャンペーンというのも新しい、型破りなことですが、
注目すべきは、エース保険さんの担当者さんのこの発言。

「(略)無形商品を扱っている我々にとっては、有形商品をサービスの一環として提供できるのは非常に意義のある取り組みだと思います」(エース保険・服部氏)。

そもそも保険という目に見えないものを販売している保険会社にとってのメリットが大きいとして持ちかけた企画のようです。
キャンペーンとはいえ、無形物とコーヒーという有形物とセットで販売することで見える化することが狙いだったんですね。

見えないものなら、見える化してやろう!というのもひとつの手ではありますね!


保険もコーヒーも「旅のパーツ」というストーリー性

「保険にしても、1杯のコーヒーにしても、お客様にとっては旅行の中でのパーツ。そのパーツが良質ならば旅行全体としても非常に豊かな体験になると思うんです。ですから、我々としては、如何に充実したパーツをご提供できるかだと思います。そこは共通する理念だと思います」(エース保険・服部氏)

旅人という共通のお客様に、旅というストーリーの中でパーツを組み合わせて提供する。
そんなストーリーをコラボレーションを行なう企業同士が共有できるとよいですね。

インタビューからすると、エース保険さんはこの取組を続ける気まんまんのようですから
今後も注目ですね。

保険代理店としても、地域のお店や企業とこのようなコラボができないか
検討してみるのも良い思います。



 

 

損保プロ専用のホームページ作成システムまじめ系損害保険代理店のための250分でつくる自分でつくるオリジナルホームページスタートマニュアル