スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. 飲食店の4割が「外国人客が増えた」との回答。サロンはどうなる?
 

飲食店の4割が「外国人客が増えた」との回答。サロンはどうなる?

2014/07/07
最近、繁華街に行くと外国人がとても目につきます。
特に中国や韓国からの旅行者が多いようです。

人間はどこにいっても飲食しますので、飲食店にとっては
外国人観光客の誘引はひとつの大きなニーズでしょう。

ぐるなびが加盟飲食店に実施した外国人客の来店に関する調査によると、直近1年で外国人の来店があったと回答した店舗は79.1%、外国人の来店が「増えた」との回答は37.6%だった。 
(中略)
外国人客の来店対応を行なっている店舗は約6割で、内容は「外国語メニュー表の作成」(30.7%)、「外国人スタッフの雇用」(21.5%)、「外国語が話せる日本人スタッフの雇用」(18.4%)など。今後、必要だと思っていることでは「接客用外国語の学習」(37.4%)、「国や宗教による食の違いを勉強」(33.7%)、「メニューに使用している食材リストの作成」(30.4%)、「外国人に対応するための接客教育」(30.1%)の回答が多く、ぐるなびでは外国人客に自分の店舗や日本の食文化の理解をしてもらうことを課題だと感じている飲食店が多いとしている。

外国人の来店が「増えた」飲食店は4割弱、外国語メニュー対応は3割 −ぐるなび調査 |トラベルボイス(公式) 

サロンはどうなる?

繁華街のテナント型のサロンのオーナーからは、中国人や韓国人のお客様が増えていると聞きます。
特に、ヘアサロンやネイルサロンは、外国人がふらっと入ってくることが多くなっているようです。

この傾向はしばらく続きそうですから、サロンとはいえ繁華街に店舗を構えている場合は飲食店のように
  • 「外国語メニュー表の作成」
  • 「外国人スタッフの雇用」
  • 「外国語が話せる日本人スタッフの雇用」
  • 「接客用外国語の学習」
  • 「国や宗教による習慣などの違いを勉強」
  • 「外国人に対応するための接客教育」
などの外国人客の来店対応を強化するべきでしょうね。



お店のウリをつくるドリル無料ダウンロード&メール講座

ファンづくりドリル・下ごしらえ編

ブログ・Facebook・Twitter・ホームページ・メルマガ・・・

テクニックもエエけど、

活用のカギは「お店のウリ」の明確化!

 お店のウリを自分でまとめられるドリル作りました!

ファンづくりに取り組む前にやっておくべき下ごしらえが、やさしいドリル形式のシートに書き込むだけでできちゃう!書き方の説明はメール講座で解説します。お店のオーナーさんは一度やってみて!

 

無料ダウンロードする

Facebook・Twitterで最新情報を


 

裏情報はメルマガで・・・


リウムスマイル!フェイスブックページ

「いいね!」や「フォロー」をすると、最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

メルマガオミセラブ

メルマガオミセラブの登録をする

本ブログのまとめや、ブログでは書けない裏情報などをメールでお届け!