スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. ネットで保険を売ってはいけない3つの理由
 

ネットで保険を売ってはいけない3つの理由

2014/06/18
保険代理店さん向けのセミナーやご相談で
僕は常々「保険代理店さんはネットで保険を売ろうとしてはいけません」
とお伝えしております。


じゃあ、保険代理店はネットで何を売るねん!
という感じですが、まあ焦らずに。

僕がこう申し上げるのには3つの理由があるのです。

理由1 あなたから保険を買う理由付けができないから

保険という商品は、おなじ保険会社の商品であれば

どの代理店で買っても同じです。

 

ですから、ホームページで懇切丁寧に保険商品のことを説明しても

その保険商品を買う理由になっても

あなたから買う理由にはならないからです。

 

実際の営業のことを思い出してください。

お客様は保険商品だけであなたの会社を選んでいるでしょうか。

 

違いますよね。

もちろん保険商品がお客様にマッチしているかどうかは重要ですが

その提案を行ったあなたへの信頼や、

難しい保険商品をわかりやすくお客様に合わせてご説明した提案力で

あなたの保険代理店を選んでいるはずです。

 

 

 

理由2 ネットのスペシャリストとガチンコ競合になるから

ネットで商品説明することは、悪いことではないんですよ。

懇切丁寧に説明することで代理店の評判は上がるでしょうから。

 

でも、この商品説明や商品説明をご覧いただくためのアクセスアップなどで

ネットのスペシャリストとガチンコ対決しなければならなくなります。

 

ネット保険会社や、比較サイト、アフィリエイター達・・・

といった46時中ネットに張り付いて、

最新のネット活用法をトライアントエラーで試している猛者たちと

ネット上での情報発信を競わねばならないのです。

 

実際にお客様と面談したり、提案書を作成したりしなければならない

リアルの保険代理店にとってあまりにも分が悪いと言わざるを得ません。

 

 

理由3 募集文書申請がめんどうだから

最後は思いっきり現実的な理由ですが、これも結構重要です。

保険代理店がホームページなどで情報発信しようとすると

保険会社から「承認番号が必要かどうか」の審査を受けなければなりません。(募集文書申請というやつですね)

 

ホームページで保険商品の説明を行うと

「承認番号が必要」と判断され、

その保険商品説明の内容をかなり細かくチェックされます。

 

「承認番号が必要ない」場合は2週間程度で公開OKがと判断されるのに対し、

「承認番号が必要」と判断された場合は、修正や再確認など含めて1ヶ月〜2ヶ月の時間が必要になってしまいます。

 

しかも、商品説明部分の内容を修正すると

再審査が必要になります。

 

ホームページでの情報発信の一番のメリットは

スピーディーにお客様に対してメッセージを発信できること。

いちいち保険会社の審査を仰いでいてはこのメリットが消えてしまいかねません。

 

 

保険代理店がホームページで売るのは「保険代理店自身」

以上が、僕が「保険代理店さんはネットで保険を売ろうとしてはいけません」

とお伝えしている理由でした。

 

お伝えしたいのは、

ネットで売るべきは、保険ではなく保険代理店

ということなのです。

 

どんな人が、どんな想いで、どんな付加価値をつけて保険を売っているのか

という情報をアピールしなければ

あなたから保険を買う理由にはならないでしょう。

 

保険代理店やスタッフのことを

懇切丁寧に説明した場所。それが保険代理店に求められるホームページなのです。

 

 

 

損保プロ専用のホームページ作成システムまじめ系損害保険代理店のための250分でつくる自分でつくるオリジナルホームページスタートマニュアル