スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. 気に入らないお客様を入店拒否できるか?
 

気に入らないお客様を入店拒否できるか?

2014/02/26
客に横柄な口を利いたり、落とした料理をそのまま客に出したりする「モンスター店員」と呼びたくなるような飲食店員に出会った経験を持つ人は少なくないだろう。客と店との関係は、基本的に「客が店を選ぶ」形となるが、店側が客を選ぶことは許されるのだろうか?
この記事、タイトルと内容がちょっとズレている気もしますが、
お店やサロンのオーナーさんには気になる内容でしょう。

引用にもあるように、お客様がお店やサロンを選んでご来店されるのが普通ですね。
でも変なお客様や悪意をもった方もおられます。
そんな時、サービス提供を拒否できるのでしょうか?

記事では弁護士の竹下正己先生が回答されています。

 

客が店を利用する関係は、両者間の契約に基づいています。契約は、その申し込みと、これに対する承諾により成立します。即ち、契約しようという双方の意思の合致が必要です。そして、申し込まれてもイヤなら承諾する義務はありません。これを「契約自由の原則」といい、現在の法制度の大原則です。

(略)

 

しかし、例外がたくさんあります。

(略)

飲食店の場合、営業について規定する食品衛生法は、もっぱら店の衛生条件について規定するだけで、承諾を義務付けていません。したがって、店は気に入らない客の入店を断わることができます。

 

 

ほほう!法的には入店拒否できるんですね!

まあ、普通に考えたらそうか。お互いの同意の上の取引ですものね。

 

しかし、記事の後ろのほうにもあるように、

既にサービス提供の契約がなされているとみなされる状況の場合は

よほどのことがない限り、一方的な契約解除には問題があるようです。

 

 

嫌な方が来ないようにするのが一番

法的には上のような決まりのようですが、

お店としては、できればお客様ともめたくないですよね。

可能であれば、このようなことは未然に防ぎたい。

対策としては、嫌なお客様が来たくなくなるようなマーケティングを行うことでしょう。

 

方法としては、「こんな方はおことわり!」というストレートで禁止的な表現もありかとおもいますが、

「当店はこんな方のためのお店です」等ポジティブにお客様を限定して、

対処しにくいお客様のご来店を暗に避けることも可能だと思います。

 

来て欲しいお客様に絞り込む = 嫌なお客様にはご遠慮いただく

 

という両面でターゲット設定や伝え方を考えてみてくださいね〜

 

 

どんな方が理想のお客様なのか見えてない?

そりゃあ良くない。

今すぐ下のドリルで自店の棚おろしだッ!

 



お店のウリをつくるドリル無料ダウンロード&メール講座

ファンづくりドリル・下ごしらえ編

ブログ・Facebook・Twitter・ホームページ・メルマガ・・・

テクニックもエエけど、

活用のカギは「お店のウリ」の明確化!

 お店のウリを自分でまとめられるドリル作りました!

ファンづくりに取り組む前にやっておくべき下ごしらえが、やさしいドリル形式のシートに書き込むだけでできちゃう!書き方の説明はメール講座で解説します。お店のオーナーさんは一度やってみて!

 

無料ダウンロードする

Facebookで最新情報を


 

裏情報はメルマガで・・・


リウムスマイル!フェイスブックページ

いいね!をすると、最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

メルマガオミセラブ

メルマガオミセラブの登録をする

本ブログのまとめや、ブログでは書けない裏情報などをメールでお届け!