スマホとPC両対応のホームページ作成、ご予約フォームの作成、
メルマガ配信、顧客管理機能までがまるっと一つになったリウムスマイル!

電話番号:06-6484-5445

営業時間:平日 9:00〜17:30

  1. ダメ名刺からの脱出【メルマガオミセラブ】
 

ダメ名刺からの脱出【メルマガオミセラブ】

最近では、お店やサロンのオーナーも
交流会に出席したり、イベントに参加したりして
自分が動くことでお客様を引き寄せることが多くなりました。

つまり、人と人のつながりが
商売につながるのです。

そんな人とのつながりを作ってくれるのが
「名刺」というツール。

自分の看板で商売をしているコンサルタントさんなんかは
名刺できっちりアピールしている反面、
あまり名刺を持つことがなかったお店やサロンのオーナーの名刺は

 ダ メ 名 刺 が 多 い !

55mmX91mmの小さな紙片なのですが、
これがなかなかバカにできないのですよ。

ということで、今回はダメ名刺の5つの特徴を捉えて
ダメ名刺からの脱出をめざしましょう!


■ダメ名刺の条件その1
「必要な情報が載っていない」
たまに住所のない名刺を配る方がいます。
これはダメ!

名刺は、その人に連絡したくなった時のためのツールですよね。
最低限必要な連絡先情報は絶対に載せるようにしましょう。


■ダメ名刺の条件その2
「情報が整列していない」
必要な情報は載っているけど、それぞれが整列していない名刺はダメ!

情報がバラバラだと、とたんに素人臭くなります。
手作り名刺でも、それぞれの情報を整列させてみてください。
とたんにカッコよくなりますよ。


■ダメ名刺の条件その3
「写真がない」
お店やサロンのオーナーなのに文字だけの名刺の人。これもダメ!
ブランドのある会社の社員さんなら写真はいらないですよ。
でも、ビジネスオーナーは「人=ビジネス」なんですよ。

あなたの顔を思い出させてくれない名刺に何の意味があるのかッ!
だから写真載せましょうよ。ね?

■ダメ名刺の条件その4
「余計な情報がない」
必要な情報ばかりで、余計な情報がない名刺もダメッ!
みんな同じで、どうして差別化できますか?相手の印象に残りますか?

そんな時には余計な情報ですよ。
プロフィールとか載せちゃってください。
サービスへの想いとか載せちゃってください。
好きな食べ物とか載せちゃってください。

■ダメ名刺の条件その5
「紙が安っぽい」
ペラペラの紙の名刺の人。これもダメ!ダメ!
名刺って格がありますやん。
議員さんの名刺とかぶっとい紙ですよ。ボール紙か!ってくらいの。
なんか透かしとか入ってますよ。

名刺がペラペラということは、あなたもペラペラだとアピールしているようなもの。

自分をちゃんとアピールしたいなら
ちゃんとした紙で名刺を作りましょう。





ということで、
かなり独断な感じでダメ名刺について語りましたが
いかがでしたでしょうか。

名刺は小さくてもあなどれないツール。
一度に名刺ついて深く考えるきっかけにしていただければうれしいです!

こんな感じのお店やサロンの集客やファンづくりに役立つ情報を無料でお届け!
今すぐ下のボタンから登録してね!
無料メールマガジン メルマガオミセラブ登録